電子書籍 ノモンハン(文春文庫) 文芸

著: 五味川純平 

まずは、無料で試し読み

試し読み

19ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ノモンハン(上) あらすじ・内容

ノモンハン戦失敗の図式は三年後のガダルカナル戦失敗の図式に酷似している。特に作戦指導部の考え方において、そうである。作戦指導の中枢神経となった参謀二名が両戦に共通しているからでもあろうが、当時の軍人一般、ひいては当時の日本人一般の思考方法が然らしめたものであろうか。先入主に支配されて、同じ過誤を何度でも繰り返す。認識と対応が現実的でなく、幻想的である。観測と判断が希望的であって、合理的でない。反証が現われてもなかなか容認しない。(あとがきより)

この作品を共有

「ノモンハン(文春文庫)」最新刊

心の底から激してくるものがある。あれだけの悲惨な戦訓がありながら、三年後に日本は、ガダルカナル攻防戦で全く同じ失敗の図式を繰り返しているのである。異るところは、ノモンハンが茫漠とした平原と砂漠、ガダルカナルは南溟に浮ぶジャングルの孤島であることだけで、日本の作戦指導は全く同じ愚を繰り返した。あのころ、日本人とはいったい何であったのか。あれから、日本人は変ったであろうか。変った、と、私は確信をもって答える勇気を持たない。(あとがきより)

「ノモンハン(文春文庫)」作品一覧

(2冊)

各600円 (+税)

まとめてカート

ノモンハン戦失敗の図式は三年後のガダルカナル戦失敗の図式に酷似している。特に作戦指導部の考え方において、そうである。作戦指導の中枢神経となった参謀二名が両戦に共通しているからでもあろうが、当時の軍人一般、ひいては当時の日本人一般の思考方法が然らしめたものであろうか。先入主に支配されて、同じ過誤を何度でも繰り返す。認識と対応が現実的でなく、幻想的である。観測と判断が希望的であって、合理的でない。反証が現われてもなかなか容認しない。(あとがきより)

心の底から激してくるものがある。あれだけの悲惨な戦訓がありながら、三年後に日本は、ガダルカナル攻防戦で全く同じ失敗の図式を繰り返しているのである。異るところは、ノモンハンが茫漠とした平原と砂漠、ガダルカナルは南溟に浮ぶジャングルの孤島であることだけで、日本の作戦指導は全く同じ愚を繰り返した。あのころ、日本人とはいったい何であったのか。あれから、日本人は変ったであろうか。変った、と、私は確信をもって答える勇気を持たない。(あとがきより)

「ノモンハン(文春文庫)」の作品情報

レーベル
文春文庫
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸 架空戦記
ページ数
227ページ (ノモンハン(上))
配信開始日
2016年6月24日 (ノモンハン(上))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad