電子書籍 新太閤記(文春文庫) 文芸

著: 海音寺潮五郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

新太閤記(一) あらすじ・内容

尾張の鉄砲足軽の子、与助は、その容姿から「猿」とあなどられる愛嬌者の百姓だった。小さな体に秘められた出世への情熱は熱く、智謀にたけ、努力の甲斐あって織田家の小者をふりだしに、トントン拍子の出世街道に漕ぎ出す。木下藤吉郎と名を改め、人心をつかむ術にたけた彼は巧みな取入りと人使いで、清洲城の普請に、桶狭間の戦いにと八面六臂の活躍で功をあげ念願の士分にまでとりたてられた。一代の英雄を描いて興趣つきない極めつき太閤記。

この作品を共有

「新太閤記(文春文庫)」最新刊

戦国の世を疾駆する男たちの傑作長篇の完結篇。柴田勝家を筆頭とする反秀吉派を一掃して、天下人への道をさらに進めた秀吉の唯一の不安は徳川家康の存在であった。小牧、長久手の戦いで両者はついに対決、しかし秀吉の敗北にもかかわらず、家康は秀吉に帰服し、長かった戦国時代の幕はおりた。主君信長の果たせなかった天下統一へと駒を進め、比類のない栄耀に浸る秀吉。しかし次第に穏やかならざる不安が湧き上がり、それを払拭しようと侵略の矛先を朝鮮へと向けはじめる……。

「新太閤記(文春文庫)」作品一覧

(4冊)

各600円 (+税)

まとめてカート

尾張の鉄砲足軽の子、与助は、その容姿から「猿」とあなどられる愛嬌者の百姓だった。小さな体に秘められた出世への情熱は熱く、智謀にたけ、努力の甲斐あって織田家の小者をふりだしに、トントン拍子の出世街道に漕ぎ出す。木下藤吉郎と名を改め、人心をつかむ術にたけた彼は巧みな取入りと人使いで、清洲城の普請に、桶狭間の戦いにと八面六臂の活躍で功をあげ念願の士分にまでとりたてられた。一代の英雄を描いて興趣つきない極めつき太閤記。

今川義元を破った信長の前には、なお、あまたの強敵があった。美濃の斎藤、伊勢の北畠等々……。かれらとの戦いが苛烈であればあるほど、陰に陽にはたらく藤吉郎の智略は光った。がんじがらめの格式が意味をうしない、まことの実力主義が台頭する時代にあって、信長の潔い重用がめざましい効果をあらわしはじめたのである。そして天下を狙う信長の運命とともに、藤吉郎の運命も急上昇をつづける。が、彼自身が後年の運命を察知し得たかどうかは未だわからない。

トントン拍子で出世してきた秀吉の前に、明智光秀の反逆によって、猛獣のように怖れていた主君信長が本能寺に斃れるという事態が出来した。毛利攻略のため中国に兵を進めていた秀吉は、信長の死を秘して、軍をとって返し、山崎の合戦で光秀の軍を破った。天下を目前にして秀吉の智略は光る。とはいえ、眼前には柴田勝家、徳川家康など名門武将たちが虎視眈々として控え、織田家の血脈を利用しようと謀略をはじめる。その渦中には、秀吉が一心に憧憬をつづけたお市の方がいた――。

「新太閤記(文春文庫)」の作品情報

レーベル
文春文庫
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸 時代小説 歴史
ページ数
311ページ (新太閤記(一))
配信開始日
2016年6月24日 (新太閤記(一))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad