電子書籍 ゼロの白鷹 マンガ

完結
著: 本宮ひろ志 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ゼロの白鷹 第1巻 あらすじ・内容

太平洋戦争末期、鹿児島県鹿屋基地から飛び立つ、5機の特攻機があった。一番機の山吹建夫には、束の間の帰省の折に結婚した、新妻・つや子がいた。 「きみの命を守るために、僕は死ねる。」そう言い残し飛び立っていく彼の運命は。

この作品を共有
  

「ゼロの白鷹」最新刊

敗走が続く日本軍。歴戦の勇者・番外野郎も次々と玉砕し太平洋に散っていった。生き残ったのは中山義竜ただ一人だ。ボロボロになった愛機・ゼロ戦で最後の戦いに出陣する。「おれのバカな頭でも、ようやくわかったぜ。この戦争がいかにばかばかしいかがよ・・」。果たして義竜の運命は!?

「ゼロの白鷹」作品一覧

(4冊)

各500円 (+税)

まとめてカート

太平洋戦争末期、鹿児島県鹿屋基地から飛び立つ、5機の特攻機があった。一番機の山吹建夫には、束の間の帰省の折に結婚した、新妻・つや子がいた。 「きみの命を守るために、僕は死ねる。」そう言い残し飛び立っていく彼の運命は。

中山義竜は生まれついての暴れん坊。予科練に入れたのは良いが、そこは落ちこぼればかりを集めた番外班。壮絶な訓練の末、義竜たち番外野郎は零戦で初陣を迎える。零戦の性能と番外班の実力は圧倒的な戦果をあげるが・・。

半端者を集めた、中山義竜を初めとする予科練・番外野郎たち。昭和16年、彼らを乗せた空母・赤城は密かに佐世保を出航した。攻撃目標は真珠湾!ついに日本軍は太平洋戦争に突入する。次々と大戦果をあげる日本軍。日本中が勝利に沸き立つ。しかし、それも長くは続かなかった・・・。

「ゼロの白鷹」の作品情報

レーベル
――
出版社
サード・ライン
ジャンル
マンガ 完結 男性向け 時代劇マンガ 青年マンガ 歴史
ページ数
187ページ (ゼロの白鷹 第1巻)
配信開始日
2013年8月15日 (ゼロの白鷹 第1巻)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad