電子書籍 蝦夷拾遺 たば風(文春文庫) 文芸

著: 宇江佐真理 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

蝦夷拾遺 たば風 あらすじ・内容

仲睦まじい許婚(いいなずけ)の男女にふりかかった突然の災難、そして別れ。別の男と結ばれた女は、男にふたたび会うこともなかった。女の身に危険がおよぶあの時までは…。極寒の2月に松前地方に吹く北北西の季節風「たば風」をモチーフとした表題作。江戸を離れ、夫と寒い国許に隠居するのが嫌なあまり熟年離婚をたくらむ母に、息子が「父上に恋文を百通書いて下さい」と言い出す「恋文」。函館在住の著者が、蝦夷・松前藩を舞台に描く、郷土愛あふれる時代短篇集。

この作品を共有

「蝦夷拾遺 たば風(文春文庫)」最新刊

仲睦まじい許婚(いいなずけ)の男女にふりかかった突然の災難、そして別れ。別の男と結ばれた女は、男にふたたび会うこともなかった。女の身に危険がおよぶあの時までは…。極寒の2月に松前地方に吹く北北西の季節風「たば風」をモチーフとした表題作。江戸を離れ、夫と寒い国許に隠居するのが嫌なあまり熟年離婚をたくらむ母に、息子が「父上に恋文を百通書いて下さい」と言い出す「恋文」。函館在住の著者が、蝦夷・松前藩を舞台に描く、郷土愛あふれる時代短篇集。

「蝦夷拾遺 たば風(文春文庫)」の作品情報

レーベル
文春文庫
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸 時代小説 歴史
ページ数
235ページ (蝦夷拾遺 たば風)
配信開始日
2016年6月24日 (蝦夷拾遺 たば風)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad