電子書籍 重臣たちの昭和史(文春e-book) 実用

著: 勝田龍夫 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

重臣たちの昭和史(上) あらすじ・内容

なぜ日本はあの戦争に突入したのだろう? 二・二六事件当時の世相はどんなだったか? 木戸幸一の語った新事実とは? 陸軍の暴走はどのように始まったのか? 天皇の統帥権の実態とは? 元老西園寺・木戸・近衛と原田熊雄を中心に、貴重な談話・手紙・一次資料からの豊富な引用を交えた、立体的な昭和史。当代きっての事情通・原田熊雄の女婿ならではの情報力で描き出されたこの大河歴史ドキュメントは、歴史を多面的に知りたい人にとって、まことに平易かつ便利な通史である。

この作品を共有

「重臣たちの昭和史(文春e-book)」最新刊

日本は太平洋戦争をどのような目算で戦ったのか? 負けが込んできてからの情報は上層部にどう伝えられたか? 敗戦前後、権力の中枢にある政治家や軍人たちはどう振舞った? 蘆溝橋事件、三国同盟、日米開戦そして敗戦──そのとき天皇の周辺のみが知り得た膨大な事実の証言をもとに描く、昭和史の悲劇のクライマックス。著者(当代きっての事情通・原田熊雄の女婿)ならではの情報力で、元老西園寺・木戸・近衛と原田熊雄を軸に描かれる、分かりやすく迫力ある昭和史。

「重臣たちの昭和史(文春e-book)」作品一覧

(2冊)

各650円 (+税)

まとめてカート

なぜ日本はあの戦争に突入したのだろう? 二・二六事件当時の世相はどんなだったか? 木戸幸一の語った新事実とは? 陸軍の暴走はどのように始まったのか? 天皇の統帥権の実態とは? 元老西園寺・木戸・近衛と原田熊雄を中心に、貴重な談話・手紙・一次資料からの豊富な引用を交えた、立体的な昭和史。当代きっての事情通・原田熊雄の女婿ならではの情報力で描き出されたこの大河歴史ドキュメントは、歴史を多面的に知りたい人にとって、まことに平易かつ便利な通史である。

日本は太平洋戦争をどのような目算で戦ったのか? 負けが込んできてからの情報は上層部にどう伝えられたか? 敗戦前後、権力の中枢にある政治家や軍人たちはどう振舞った? 蘆溝橋事件、三国同盟、日米開戦そして敗戦──そのとき天皇の周辺のみが知り得た膨大な事実の証言をもとに描く、昭和史の悲劇のクライマックス。著者(当代きっての事情通・原田熊雄の女婿)ならではの情報力で、元老西園寺・木戸・近衛と原田熊雄を軸に描かれる、分かりやすく迫力ある昭和史。

「重臣たちの昭和史(文春e-book)」の作品情報

レーベル
文春e-Books
出版社
文藝春秋
ジャンル
実用 戦記
ページ数
404ページ (重臣たちの昭和史(上))
配信開始日
2016年6月24日 (重臣たちの昭和史(上))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad