電子書籍 ボンクラーズ、ドントクライ ラノベ

著: 大樹連司  イラスト: 白味噌 

まずは、無料で試し読み

試し読み

35ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ボンクラーズ、ドントクライ1 あらすじ・内容

恋もツンデレも知らなかった、あの頃の僕らあの頃の僕らは、恋がどんなものかも知らなかったーー。ネットもケータイもまだ馴染みがなかった1999年、とある片田舎の高校。主人公の肇とカントクは、夢だけは大きく「日本の特撮映画を変えること」だが、映画の撮影準備と称して憧れの特撮ヒーローになりきる「ごっこ遊び」に興じてばかりのボンクラ映画研究部。そんな「撮らない」映画研究部に、わけありの美少女が飛び込んできてーー。男子ってやつは、バカで、むき出しで、まっすぐで、最低だけど最高だ!! 誰しもが通り過ぎる、恥ずかしく、苦く、痛々しい青春模様。『放課後のロケッティア』『オブザデッド・マニアックス』の大樹連司が描く、ボンクラ少年の友情と恋。※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

この作品を共有

「ボンクラーズ、ドントクライ」最新刊

恋もツンデレも知らなかった、あの頃の僕らあの頃の僕らは、恋がどんなものかも知らなかったーー。ネットもケータイもまだ馴染みがなかった1999年、とある片田舎の高校。主人公の肇とカントクは、夢だけは大きく「日本の特撮映画を変えること」だが、映画の撮影準備と称して憧れの特撮ヒーローになりきる「ごっこ遊び」に興じてばかりのボンクラ映画研究部。そんな「撮らない」映画研究部に、わけありの美少女が飛び込んできてーー。男子ってやつは、バカで、むき出しで、まっすぐで、最低だけど最高だ!! 誰しもが通り過ぎる、恥ずかしく、苦く、痛々しい青春模様。『放課後のロケッティア』『オブザデッド・マニアックス』の大樹連司が描く、ボンクラ少年の友情と恋。※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

「ボンクラーズ、ドントクライ」の作品情報

レーベル
ガガガ文庫
出版社
小学館
ジャンル
ライトノベル 男性向け
ページ数
259ページ (ボンクラーズ、ドントクライ1)
配信開始日
2016年6月17日 (ボンクラーズ、ドントクライ1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad