電子書籍 猛き黄金の国 岩崎弥太郎 マンガ

完結
著: 本宮ひろ志 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

猛き黄金の国 岩崎弥太郎 第1巻 あらすじ・内容

幕末、土佐井ノ口村で暴れまわる一人の男!後に三菱を築く「岩崎弥太郎」だ。荒れた毎日を送っていたが、ジョン万次郎と出会い広大な海外の話しを聞き、触発される。やがて江戸に遊学を希望するが・・。

この作品を共有
  

「猛き黄金の国 岩崎弥太郎」最新刊

順調に見えた三菱の前に、郵便蒸気汽船会社が立ちふさがる。裏で糸を引くのは三井財閥だ!。三井が、日本政府が、次々と敵に回る四面楚歌のなか、弥太郎の命がけの反撃が始まる!

「猛き黄金の国 岩崎弥太郎」作品一覧

(4冊)

各500円 (+税)

まとめてカート

幕末、土佐井ノ口村で暴れまわる一人の男!後に三菱を築く「岩崎弥太郎」だ。荒れた毎日を送っていたが、ジョン万次郎と出会い広大な海外の話しを聞き、触発される。やがて江戸に遊学を希望するが・・。

岩崎弥太郎は別子銅山の抜銅を計画するが見事に失敗!傷心の弥太郎は長崎に出向き今度こそ「仕事をまっとうしよう」と誓い本格的な活動に乗り出す。やがて坂本竜馬と再会。二人でカンパニーを築いて行こうと約束するが・・。

藩の経営する土佐開成館で外国商館相手に辣腕を振るう弥太郎。やがて海上運輸に力を入れ始め、藩から商会を買い取る。そして明治六年、三菱商会を旗揚げする!しかしその前途には壮絶な戦いが待ち受けていた。

「猛き黄金の国 岩崎弥太郎」の作品情報

レーベル
――
出版社
サード・ライン
ジャンル
マンガ 完結 男性向け 時代劇マンガ 青年マンガ 歴史
ページ数
217ページ (猛き黄金の国 岩崎弥太郎 第1巻)
配信開始日
2013年8月15日 (猛き黄金の国 岩崎弥太郎 第1巻)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad