電子書籍 お母さんの「敏感期」 モンテッソーリ教育は子を育てる、親を育てる(文春文庫) 実用

著: 相良敦子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

19ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

お母さんの「敏感期」 モンテッソーリ教育は子を育てる、親を育てる あらすじ・内容

20世紀初頭、イタリアのマリア・モンテッソーリ博士が生み出し、今も世界中で支持されている「モンテッソーリ教育」。その一番の特徴は、子どもには特定の事柄に特別な感受性を発揮する「敏感期」があることを指摘し、その重要性を唱えたこと。本書は、わが国のモンテッソーリ教育の第一人者である著者が豊富なイラストとともに解説する、育児書の決定版です! 『お母さんの「発見」』とあわせてどうぞ。

この作品を共有

「お母さんの「敏感期」 モンテッソーリ教育は子を育てる、親を育てる(文春文庫)」を見ている人にこれもおすすめ

「お母さんの「敏感期」 モンテッソーリ教育は子を育てる、親を育てる(文春文庫)」最新刊

20世紀初頭、イタリアのマリア・モンテッソーリ博士が生み出し、今も世界中で支持されている「モンテッソーリ教育」。その一番の特徴は、子どもには特定の事柄に特別な感受性を発揮する「敏感期」があることを指摘し、その重要性を唱えたこと。本書は、わが国のモンテッソーリ教育の第一人者である著者が豊富なイラストとともに解説する、育児書の決定版です! 『お母さんの「発見」』とあわせてどうぞ。

「お母さんの「敏感期」 モンテッソーリ教育は子を育てる、親を育てる(文春文庫)」の作品情報

レーベル
文春文庫
出版社
文藝春秋
ジャンル
実用 ノンフィクション
ページ数
239ページ (お母さんの「敏感期」 モンテッソーリ教育は子を育てる、親を育てる)
配信開始日
2016年6月24日 (お母さんの「敏感期」 モンテッソーリ教育は子を育てる、親を育てる)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad