電子書籍 炎は流れる(文春文庫) 実用

著: 大宅壮一 

まずは、無料で試し読み

試し読み

16ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

炎は流れる(1) 明治と昭和の谷間 あらすじ・内容

はたして日本人とは世界でもまれな精神構造をもった特異な民族なのか。近代夜明けの明治期を象徴するふたりの人物に焦点をあて、彼らの行動を支配した思考に迫る。この本は歴史というよりは、歴史を歩いたルポルタージュであり、いわば「タテの紀行文」だ。日本人の精神構造の中核を形成している「忠誠心」の源流をたずねて、乃木大将の殉死から筆をおこし、その死をめぐるさまざまな評価から、さらに赤穂浪士の仇討ちまでさかのぼって、日本的特性をさぐっている。

この作品を共有

「炎は流れる(文春文庫)」最新刊

著者の人格形成期である明治と昭和の谷間に位置する大正という時代を各方面から分析し、解明する目的で旅立った「大河歴史紀行」は、第四巻において頂点に達する。全巻は、幕末日本で活躍した最も特異な人物、高杉晋作、彼のパトロンだった下関の豪商白石正一郎、粛清された高杉の「ライバル」赤根武人、讃岐の「勤皇博徒」日柳燕石、「幕末の異端児」天誅組盟主、中山忠光などの動きを中心に、日本人の精神構造を具体的に探る材料といえる興味あふれるエピソードでうずまっている。

「炎は流れる(文春文庫)」作品一覧

(4冊)

各600円 (+税)

まとめてカート

はたして日本人とは世界でもまれな精神構造をもった特異な民族なのか。近代夜明けの明治期を象徴するふたりの人物に焦点をあて、彼らの行動を支配した思考に迫る。この本は歴史というよりは、歴史を歩いたルポルタージュであり、いわば「タテの紀行文」だ。日本人の精神構造の中核を形成している「忠誠心」の源流をたずねて、乃木大将の殉死から筆をおこし、その死をめぐるさまざまな評価から、さらに赤穂浪士の仇討ちまでさかのぼって、日本的特性をさぐっている。

ざっと二百年あまり、鎖国の状態におかれていた日本民族が、新しい西欧文化に接触してどのような反応を見せたか、というのが第二巻のテーマである。植民地支配から独立し近代化をめざしたアジア諸国と開国とともに近代化に驀進した日本とはそのバックグラウンドが大きく異なっていた。幕府の選択と隣国の実情をふまえ、鎖国の間につちかわれた日本人の知識経験その他の能力が、明治の開国とともに芽をふき、猛烈なスピードで成長をなしえた秘密を多面的に検討、興味深い事実に導く。

「琉球人の基本的性格が“離島性”にあるとすれば、韓国人の場合は、大陸とはなれられない“半島性”にある。これらと日本を結びつけて、その三角関係を見るということが、第三巻の主たるテーマとなった。いわば“歴史のルポルタージュ”の見本みたいなつもりで、筆をすすめた次第である」(あとがきより) 沖縄・韓国と日本との関係の歴史的考察に現地旅行の実体験を加え、事態の変化に対して希望的観測と悲観的観測がともに強く出すぎる日本民族の精神構造上の欠点をさぐる。

「炎は流れる(文春文庫)」の作品情報

レーベル
文春文庫
出版社
文藝春秋
ジャンル
実用 ノンフィクション
ページ数
300ページ (炎は流れる(1) 明治と昭和の谷間)
配信開始日
2016年6月24日 (炎は流れる(1) 明治と昭和の谷間)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad