電子書籍 藤原道長の権力と欲望  「御堂関白記」を読む(文春新書) 新書

著: 倉本一宏 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

藤原道長の権力と欲望  「御堂関白記」を読む あらすじ・内容

藤原道長が「御堂関白記」と呼ばれる日記を書いていたのをご存知ですか? 自筆日記は今でも大切に保存されています。1000年前の最高権力者の日記は世界的に見ても大変貴重で、今年ユネスコの「世界記憶遺産」に認定される予定です。気になるのはその中身。天皇と意見が合わなければ怒りを書きとめ、娘が産んだ皇子の天皇即位を前にして喜びを素直に記しています。人間の喜怒哀楽は時を経ても変わらない、と思わされました。教科書でしか知らなかった道長がぐっと身近に感じられる1冊です

この作品を共有

「藤原道長の権力と欲望  「御堂関白記」を読む(文春新書)」最新刊

藤原道長が「御堂関白記」と呼ばれる日記を書いていたのをご存知ですか? 自筆日記は今でも大切に保存されています。1000年前の最高権力者の日記は世界的に見ても大変貴重で、今年ユネスコの「世界記憶遺産」に認定される予定です。気になるのはその中身。天皇と意見が合わなければ怒りを書きとめ、娘が産んだ皇子の天皇即位を前にして喜びを素直に記しています。人間の喜怒哀楽は時を経ても変わらない、と思わされました。教科書でしか知らなかった道長がぐっと身近に感じられる1冊です

「藤原道長の権力と欲望  「御堂関白記」を読む(文春新書)」の作品情報

レーベル
文春新書
出版社
文藝春秋
ジャンル
新書 ノンフィクション
ページ数
209ページ (藤原道長の権力と欲望  「御堂関白記」を読む)
配信開始日
2016年6月24日 (藤原道長の権力と欲望  「御堂関白記」を読む)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad