電子書籍 ばくち打ち 文芸

著: 森巣博 

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ばくち打ち 第一巻 勝てば幸運、負ければ実力 あらすじ・内容

新宿歌舞伎町のアングラ・カジノで生きる、しがない博奕(ばくち)打ち・竜太。行きつけのカジノ・クラブ『モナコ』では、子連れの博奕打ち・俊介や、バカラ依存の男・額田ら、さまざまな人間が「合意の略奪闘争」を繰り広げている。そして、竜太の「スポンサー」であり、まだ20代のキャリア・ウーマンの真希もまた、いつしか鬼畜の賭博・バカラに嵌まり、竜太とともにオーストラリアのクラウン・カジノへ行くことに――。

この作品を共有

「ばくち打ち」最新刊

新宿歌舞伎町のアングラ・カジノで生きる、しがない博奕(ばくち)打ち・竜太。行きつけのカジノ・クラブ『モナコ』では、子連れの博奕打ち・俊介や、バカラ依存の男・額田ら、さまざまな人間が「合意の略奪闘争」を繰り広げている。そして、竜太の「スポンサー」であり、まだ20代のキャリア・ウーマンの真希もまた、いつしか鬼畜の賭博・バカラに嵌まり、竜太とともにオーストラリアのクラウン・カジノへ行くことに――。

「ばくち打ち」作品一覧

(4冊)

各400円 (+税)

まとめてカート

新宿歌舞伎町のアングラ・カジノで生きる、しがない博奕(ばくち)打ち・竜太。行きつけのカジノ・クラブ『モナコ』では、子連れの博奕打ち・俊介や、バカラ依存の男・額田ら、さまざまな人間が「合意の略奪闘争」を繰り広げている。そして、竜太の「スポンサー」であり、まだ20代のキャリア・ウーマンの真希もまた、いつしか鬼畜の賭博・バカラに嵌まり、竜太とともにオーストラリアのクラウン・カジノへ行くことに――。

舞台は韓国・ソウルとマカオ。芸能事務所に勤める有坂啓示の役目は、所属する少女を連れて政治家や官僚をカジノ接待旅行にアテンドすること。カジノホテルで贅沢三昧、少女たちとはやり放題。腐った国家中枢に内心で悪態をつきながら、自身も重度の博奕(ばくち)中毒である有坂はアテンドの合間を縫って勝負卓へ。深くきりきりと締め込まれる愉悦を想うだけで、脳内に悪い汁が滲み出す。そして有坂は960万円のベットに挑むことに――。

時はバブルの隆盛~崩壊にさしかかった頃。東京・荒川区の東日暮里赤貧町で育った没落貴族の都小路鐘。彼の青春は、競輪場の中にあった。物心ついた頃には、没落のきっかけの張本人である父、文麿に連れられ。そして中学、高校にあがると競輪選手としてそこに立つことを決意する。中学のマドンナ、加美ちゃんとの淡い恋や、やがて彼の人生に影を落とすことになる蠣崎潤一との出会いを通して語られる鐘の競輪人生とは。

「ばくち打ち」の作品情報

レーベル
SPA!BOOKS
出版社
扶桑社
ジャンル
文芸 ギャンブル 日本文学
ページ数
280ページ (ばくち打ち 第一巻 勝てば幸運、負ければ実力)
配信開始日
2013年8月15日 (ばくち打ち 第一巻 勝てば幸運、負ければ実力)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad