電子書籍 キャタピラー マンガ

完結
原作: 村田真哉  作画: 匣咲いすか 
みんなの★
4.5

まずは、無料で試し読み

試し読み

46ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

キャタピラー1巻 あらすじ・内容

「アラクニド」から派生したもう一つの「蟲」同士の戦いがここに! 「組織」に飼い慣らされた「芋蟲」の孤独な戦いが始まる!!

この作品を共有
  

「キャタピラー」作品一覧

(11冊)

628〜639(税込)

まとめてカート

「芋蟲」たちは敵が持つ「黒い封書」を奪うため船内で激闘を繰り広げていた。「華蟷螂」は「ナナフシ」を倒し新たな封書をてに入れる。一方、集合場所が分からなくなってしまった「芋蟲」の前に「浮塵化」と名乗る老人が現れる…。

「害蟲駆除」の主催者「鳳蝶」の正体は過去に「芋蟲」が育った施設の園長、柳亜貴穂だった。しかし、未だ亜貴穂の存在に気づいていない「芋蟲」は船内で激闘を繰り広げていた。そして、「芋蟲」の前に現れたのは「兜蟲」と「ゴキブリ」のコンビだった! 二人の強敵に「芋蟲」は…。

「兜蟲」と激闘を繰り広げている「芋蟲」…。そんな「兜蟲」の口から「害蟲駆除」の首謀者が柳亜貴穂であることを告げられるが…! 一方、「芋蟲」と合流するため行動している「華蟷螂」の前にかつて「華蟷螂」の才を見出し、育てた「樹肌蟷螂」が現れる! 「華蟷螂」の悲しくも過酷な過去が明らかになる…!!