電子書籍 中国で考えた2050年の日本と中国 北京烈日 決定版(文春文庫) 実用

著: 丹羽宇一郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

中国で考えた2050年の日本と中国 北京烈日 決定版 あらすじ・内容

日本は、この巨大な隣国といかなる向き合い方をすべきか。習近平独裁体制が確立され、政治的にも経済的にも膨張を続ける中国。巨大商社のトップから、中国大使へと転じた著者が、これからの日中関係を真率に論じる。中国バブルは弾けるのか? 習近平が掲げる「中華民族の夢」とは? 日本企業は中国へ進出しても大丈夫なのか? そして、少子高齢化の進む日本の生きる道とは。刊行時、大きな話題となった『北京烈日』にオリジナルの最終章を加えた決定版。

この作品を共有

「中国で考えた2050年の日本と中国 北京烈日 決定版(文春文庫)」最新刊

日本は、この巨大な隣国といかなる向き合い方をすべきか。習近平独裁体制が確立され、政治的にも経済的にも膨張を続ける中国。巨大商社のトップから、中国大使へと転じた著者が、これからの日中関係を真率に論じる。中国バブルは弾けるのか? 習近平が掲げる「中華民族の夢」とは? 日本企業は中国へ進出しても大丈夫なのか? そして、少子高齢化の進む日本の生きる道とは。刊行時、大きな話題となった『北京烈日』にオリジナルの最終章を加えた決定版。

「中国で考えた2050年の日本と中国 北京烈日 決定版(文春文庫)」の作品情報

レーベル
文春文庫
出版社
文藝春秋
ジャンル
実用 ビジネス 経済 教養 社会
ページ数
258ページ (中国で考えた2050年の日本と中国 北京烈日 決定版)
配信開始日
2016年6月24日 (中国で考えた2050年の日本と中国 北京烈日 決定版)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad