電子書籍 司馬遼太郎短篇全集(文春e-book) 文芸・小説

著: 司馬遼太郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

司馬遼太郎短篇全集 第一巻 あらすじ・内容

司馬文学に新しい光をあてる豊かな短篇小説の世界。全十二巻司馬文学の大長篇という大山脈を眺めわたす豊かな短篇という峠の数々を発表順に編纂。第一巻は未刊行十八篇を含む二十一篇を収録

この作品を共有

「司馬遼太郎短篇全集(文春e-book)」最新刊

司馬文学に新しい光をあてる豊かな短篇小説の世界1968年から76年に発表された7篇を収める。「木曜島の夜会」を最後に作家は短篇創作から離れ、大長篇作家として記憶されるようになる

「司馬遼太郎短篇全集(文春e-book)」作品一覧

(12冊)

1,834〜2,444(税込)

まとめてカート

司馬文学に新しい光をあてる豊かな短篇小説の世界。全十二巻司馬文学の大長篇という大山脈を眺めわたす豊かな短篇という峠の数々を発表順に編纂。第一巻は未刊行十八篇を含む二十一篇を収録

司馬遼太郎の豊かな短篇の楽しみ直木賞受賞前の2年間に書いた短篇16篇を収録。「面白倶楽部」「講談倶楽部」など商業誌に発表したものが大半を占めるようになる

司馬文学に新しい光をあてる豊かな短篇小説の世界いよいよ『梟の城』で直木賞受賞、作家・司馬遼太郎の大活躍がはじまる1960年に発表された12篇を収録。単行本未収録作4篇を含む

「司馬遼太郎短篇全集(文春e-book)」の作品情報

レーベル
文春e-Books
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸・小説
ページ数
456ページ (司馬遼太郎短篇全集 第一巻)
配信開始日
2016年6月24日 (司馬遼太郎短篇全集 第一巻)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad