電子書籍 国立がんセンターでなぜガンは治らない? 闇に葬られた改革(文春新書) 新書

著: 前田洋平 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

国立がんセンターでなぜガンは治らない? 闇に葬られた改革 あらすじ・内容

日本のがん治療・研究の中核拠点とされる国立がん研究センター。巨額の赤字を抱え、患者からは「がん難民製造工場」とまで批判を浴びていた組織を変えようとした男がいた。しかし、めざましい成果を挙げていながらも、改革は途中で挫折してしまう。なぜか? その改革の目指す先が、一つの独立法人の立て直しにとどまらず、日本の医療を大きく揺さぶる可能性を秘めていたからだった。医師、官僚、政治家、製薬会社、そして患者のそれぞれの視点を織り交ぜながら、2010年から2年間にわたって行われた国立がん研究センターの改革の軌跡を描き出し、その先にある日本の医療政策の問題点を浮き彫りにする。日本の医療の司令塔は、いったい誰なのか・・・・・・。

この作品を共有

「国立がんセンターでなぜガンは治らない? 闇に葬られた改革(文春新書)」最新刊

日本のがん治療・研究の中核拠点とされる国立がん研究センター。巨額の赤字を抱え、患者からは「がん難民製造工場」とまで批判を浴びていた組織を変えようとした男がいた。しかし、めざましい成果を挙げていながらも、改革は途中で挫折してしまう。なぜか? その改革の目指す先が、一つの独立法人の立て直しにとどまらず、日本の医療を大きく揺さぶる可能性を秘めていたからだった。医師、官僚、政治家、製薬会社、そして患者のそれぞれの視点を織り交ぜながら、2010年から2年間にわたって行われた国立がん研究センターの改革の軌跡を描き出し、その先にある日本の医療政策の問題点を浮き彫りにする。日本の医療の司令塔は、いったい誰なのか・・・・・・。

「国立がんセンターでなぜガンは治らない? 闇に葬られた改革(文春新書)」の作品情報

レーベル
文春新書
出版社
文藝春秋
ジャンル
新書 ノンフィクション 医学・薬学
ページ数
180ページ (国立がんセンターでなぜガンは治らない? 闇に葬られた改革)
配信開始日
2016年6月24日 (国立がんセンターでなぜガンは治らない? 闇に葬られた改革)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad