電子書籍 存在と時間 ――哲学探究1(文春e-book) 実用

著: 永井均 

まずは、無料で試し読み

試し読み

16ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

存在と時間 ――哲学探究1 あらすじ・内容

どうして自分だけが私なのか、そして他人は私ではないのか。生み出される意識のうちの一つが、なぜ現実に感じられる私の意識なのか。なぜ意識できる意識は一つしかなく、意識できない意識が無数にあるのか。科学的にも宗教的にも説明が到達不可能な哲学上の難問に、古今東西の哲学者たちの思想を問い直しながら挑む。〈私〉の精神を〈私〉から他者に移動させてみる、あるいは時間を〈今〉から過去に移動させてみる、あるいは〈私〉の自我を2つに分裂させてみるといった思考実験によって「存在と時間」の深遠を探る哲学の旅。「文學界」連載「哲学探究――存在と意味――」に大幅な加筆修正をほどこし刊行。

この作品を共有

「存在と時間 ――哲学探究1(文春e-book)」最新刊

どうして自分だけが私なのか、そして他人は私ではないのか。生み出される意識のうちの一つが、なぜ現実に感じられる私の意識なのか。なぜ意識できる意識は一つしかなく、意識できない意識が無数にあるのか。科学的にも宗教的にも説明が到達不可能な哲学上の難問に、古今東西の哲学者たちの思想を問い直しながら挑む。〈私〉の精神を〈私〉から他者に移動させてみる、あるいは時間を〈今〉から過去に移動させてみる、あるいは〈私〉の自我を2つに分裂させてみるといった思考実験によって「存在と時間」の深遠を探る哲学の旅。「文學界」連載「哲学探究――存在と意味――」に大幅な加筆修正をほどこし刊行。

「存在と時間 ――哲学探究1(文春e-book)」の作品情報

レーベル
文春e-Books
出版社
文藝春秋
ジャンル
実用 哲学 思想
ページ数
315ページ (存在と時間 ――哲学探究1)
配信開始日
2016年6月24日 (存在と時間 ――哲学探究1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad