電子書籍 政治と情念 権力・カネ・女(文春文庫) 実用

著: 立花隆 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

政治と情念 権力・カネ・女 あらすじ・内容

2016年、ときならぬ角栄ブームが起きた。1974年に「田中角栄研究ーその金脈と人脈」を発表し、田中総理退陣の先鞭をつけた著者はこう書く。「田中角栄になぜそれほどのパワーがあったのか。(中略)なんといってもその根底にあったのは、角栄の不思議な人間的魅力だったといえるだろう」 また、こうも言う。「田中角栄は情念の人だった」本書は発表当時、世間の耳目を集めていた角栄の長女、真紀子元外相の分析を入り口に田中角栄の人生を振り返り、さらには日本政治における「角栄の遺伝子」問題を研究した書である。

この作品を共有

「政治と情念 権力・カネ・女(文春文庫)」最新刊

2016年、ときならぬ角栄ブームが起きた。1974年に「田中角栄研究ーその金脈と人脈」を発表し、田中総理退陣の先鞭をつけた著者はこう書く。「田中角栄になぜそれほどのパワーがあったのか。(中略)なんといってもその根底にあったのは、角栄の不思議な人間的魅力だったといえるだろう」 また、こうも言う。「田中角栄は情念の人だった」本書は発表当時、世間の耳目を集めていた角栄の長女、真紀子元外相の分析を入り口に田中角栄の人生を振り返り、さらには日本政治における「角栄の遺伝子」問題を研究した書である。

「政治と情念 権力・カネ・女(文春文庫)」の作品情報

レーベル
文春文庫
出版社
文藝春秋
ジャンル
実用
ページ数
468ページ (政治と情念 権力・カネ・女)
配信開始日
2016年6月24日 (政治と情念 権力・カネ・女)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad