電子書籍 リベラリズムの系譜でみる 日本国憲法の価値(朝日新書) 新書

著者: 外岡秀俊 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

リベラリズムの系譜でみる 日本国憲法の価値 あらすじ・内容

新たな安保法が施行された戦後71年の日本。左派の衰退が明らかになり、自己責任を唱える声が高まるにつれ「失われた対抗軸」を模索する動きが出てきた。20世紀を代表する3人のリベラリストの思想から、憲法を読み解き、新時代の言論空間を構想する。

この作品を共有

「リベラリズムの系譜でみる 日本国憲法の価値(朝日新書)」最新刊

新たな安保法が施行された戦後71年の日本。左派の衰退が明らかになり、自己責任を唱える声が高まるにつれ「失われた対抗軸」を模索する動きが出てきた。20世紀を代表する3人のリベラリストの思想から、憲法を読み解き、新時代の言論空間を構想する。

「リベラリズムの系譜でみる 日本国憲法の価値(朝日新書)」の作品情報

レーベル
朝日新書
出版社
朝日新聞出版
ジャンル
新書 政治 社会
ページ数
238ページ (リベラリズムの系譜でみる 日本国憲法の価値)
配信開始日
2016年6月14日 (リベラリズムの系譜でみる 日本国憲法の価値)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad