電子書籍 子供の科学 実用

著者: 子供の科学編集部 

まずは、無料で試し読み

試し読み

11ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

子供の科学2022年2月号 あらすじ・内容

大人も楽しめる子ども向け科学雑誌

※デジタル版のとじ込み付録の型紙は切り取ることができません。

★特集 世界初の偽造防止技術とは? キャッシュレス決済の未来はどうなる? 新しいお金のしくみ
みなさんはもう、新しい500円硬貨を手に入れましたか?
2024年からはお札のデザインも新しくなりますよね。
そこで、最新技術を駆使した貨幣の偽造防止策から、キャッシュレス決済のしくみや、暗号資産まで、みなさんに知ってほしい「新しいお金」の情報を紹介します。

●ノーベル物理学賞受賞 真鍋淑郎先生はココがスゴい! 気候モデルってなんだ? 
昨年のノーベル物理学賞は、地球の気候変動を予測する「気候モデル」の開発に貢献した、プリンストン大学の真鍋淑郎先生らに贈られました。
そこで、気候変動の研究をしている海洋研究開発機構の河宮未知生先生に「気候モデル」について解説してもらいました。

●世界を変えた科学と実験 ペットボトルに雲が発生! ボイル&シャルルの気体の体積・温度実験
近代化学の基礎を築いた科学者の一人であるイギリスのロバート・ボイルと、気体を熱したときの膨張について研究を行ったフランスのジャック・シャルル。
彼らによって確立された有名な法則を、手軽な材料を使って実験で試してみましょう。

●はじめようジブン専用パソコン 古くて新しい? BASIC言語を使ってみよう
今から40年ほど前、趣味としてのパソコン(マイコン)が家庭に入り始めました。
そのために使われていたのが「BASIC」というプログラミング言語。
今月は、このベーシック言語にチャレンジしてみましょう。

●学校でも塾でも教えてくれない生きる技術 身近にある食料を食べてみよう
日本ではこの30年間で、天候不良による米の不作と、東日本大震災後、つまり2度、日本で食糧危機が起きています。
今回は、身近にある食料を確保する方法と、食べるための工夫を見ていきましょう。

  • シェア:

「子供の科学」最新刊

※デジタル版のとじ込み付録の型紙は切り取ることができません。

★特集 世界初の偽造防止技術とは? キャッシュレス決済の未来はどうなる? 新しいお金のしくみ
みなさんはもう、新しい500円硬貨を手に入れましたか?
2024年からはお札のデザインも新しくなりますよね。
そこで、最新技術を駆使した貨幣の偽造防止策から、キャッシュレス決済のしくみや、暗号資産まで、みなさんに知ってほしい「新しいお金」の情報を紹介します。

●ノーベル物理学賞受賞 真鍋淑郎先生はココがスゴい! 気候モデルってなんだ? 
昨年のノーベル物理学賞は、地球の気候変動を予測する「気候モデル」の開発に貢献した、プリンストン大学の真鍋淑郎先生らに贈られました。
そこで、気候変動の研究をしている海洋研究開発機構の河宮未知生先生に「気候モデル」について解説してもらいました。

●世界を変えた科学と実験 ペットボトルに雲が発生! ボイル&シャルルの気体の体積・温度実験
近代化学の基礎を築いた科学者の一人であるイギリスのロバート・ボイルと、気体を熱したときの膨張について研究を行ったフランスのジャック・シャルル。
彼らによって確立された有名な法則を、手軽な材料を使って実験で試してみましょう。

●はじめようジブン専用パソコン 古くて新しい? BASIC言語を使ってみよう
今から40年ほど前、趣味としてのパソコン(マイコン)が家庭に入り始めました。
そのために使われていたのが「BASIC」というプログラミング言語。
今月は、このベーシック言語にチャレンジしてみましょう。

●学校でも塾でも教えてくれない生きる技術 身近にある食料を食べてみよう
日本ではこの30年間で、天候不良による米の不作と、東日本大震災後、つまり2度、日本で食糧危機が起きています。
今回は、身近にある食料を確保する方法と、食べるための工夫を見ていきましょう。

「子供の科学」作品一覧

(68冊)

612〜734(税込)

まとめてカート

※デジタル版のとじ込み付録の型紙は切り取ることができません。

★特集 世界初の偽造防止技術とは? キャッシュレス決済の未来はどうなる? 新しいお金のしくみ
みなさんはもう、新しい500円硬貨を手に入れましたか?
2024年からはお札のデザインも新しくなりますよね。
そこで、最新技術を駆使した貨幣の偽造防止策から、キャッシュレス決済のしくみや、暗号資産まで、みなさんに知ってほしい「新しいお金」の情報を紹介します。

●ノーベル物理学賞受賞 真鍋淑郎先生はココがスゴい! 気候モデルってなんだ? 
昨年のノーベル物理学賞は、地球の気候変動を予測する「気候モデル」の開発に貢献した、プリンストン大学の真鍋淑郎先生らに贈られました。
そこで、気候変動の研究をしている海洋研究開発機構の河宮未知生先生に「気候モデル」について解説してもらいました。

●世界を変えた科学と実験 ペットボトルに雲が発生! ボイル&シャルルの気体の体積・温度実験
近代化学の基礎を築いた科学者の一人であるイギリスのロバート・ボイルと、気体を熱したときの膨張について研究を行ったフランスのジャック・シャルル。
彼らによって確立された有名な法則を、手軽な材料を使って実験で試してみましょう。

●はじめようジブン専用パソコン 古くて新しい? BASIC言語を使ってみよう
今から40年ほど前、趣味としてのパソコン(マイコン)が家庭に入り始めました。
そのために使われていたのが「BASIC」というプログラミング言語。
今月は、このベーシック言語にチャレンジしてみましょう。

●学校でも塾でも教えてくれない生きる技術 身近にある食料を食べてみよう
日本ではこの30年間で、天候不良による米の不作と、東日本大震災後、つまり2度、日本で食糧危機が起きています。
今回は、身近にある食料を確保する方法と、食べるための工夫を見ていきましょう。

※デジタル版のとじ込み付録の型紙は切り取ることができません。デジタル版の別冊付録のすごろくは取り外しできません。

★特集 知られざる戦国~江戸時代の科学技術が結集 お城へGO!!
かつて、日本に4~5万ものお城があったのを知っていますか?
お城は戦うための要塞であり、城主が政治を行う施設でもありました。
迫り来る敵を撃退する知恵と工夫があちこちに隠され、城主の威厳を示す豪華なお城にするための技術がたくさん詰まっています。
最近は科学的な調査によって、そうした400年前の技術が解き明かされつつあります。
知られざる、強さと美しさの秘密に迫ってみましょう。

●キミの企画がKoKaをつくる! 第2回読者編集会議採用企画
「やってほしい!」と思う企画のアイディアを読者のみんなが提案し、編集部と一緒に内容を練り上げて実現する企画が「読者編集会議」です。
第2弾となる今回は、2人の読者の企画が採用され、「メディアアーティスト」と「プログラマー」のお仕事についてお話を聞いてきました。

●世界を変えた科学と実験 1枚の翼で滑空! リリエンタールの単翼グライダー
エンジンつき飛行機はライト兄弟が最初といわれていますが、グライダーのように滑空する飛行機は、それ以前に何人かが有人飛行に成功しています。
今回は、その代表的な人物、ドイツのオットー・リリエンタールが考えたアイディアをもとに、単翼グライダーをつくって「よく飛ぶしくみ」を調べてみましょう。

●学校でも塾でも教えてくれない生きる技術 生きのびるための移動術
人が移動すると、それだけで何らかの危険に出会う可能性があります。
自然災害などが発生し、今いる場所が安全でなくなったときは、すぐに移動を考えなければいけません。
今回は「荷物を持って安全に移動する技術」を一緒に見ていきましょう。

※デジタル版のとじ込み付録の型紙は切り取ることができません。

★特集 次世代を担う新技術! 水素エネルギー
水素はさまざまな物質からつくることができ、使用時に二酸化炭素(CO2)を出さないクリーンエネルギーです。
脱炭素や気候変動対策としても、水素は大きな注目を集めています。
水素はなぜ利用価値が高いのでしょうか? どうつくり、どう運び、社会の中でどう利用するのでしょう?
水素社会実現に向けた最新の取り組みを紹介します。

●2021年ノーベル賞研究解説
今年は医学・生理学賞を皮切りに、物理学賞、化学賞が発表されました。
いずれも、私たちの社会に大きな影響を与える重要な研究ばかりでした。
この3分野それぞれについて、受賞対象となった研究を解説します。

●地球の歴史を秘めた驚きの痕跡 ウンチ化石のミステリー
恐竜などの古生物を研究する上で欠かせないのが化石です。
生物の行動が痕跡として残された「生痕化石」の研究が行われています。
生痕化石の中でも古生物の排泄物の化石、つまり“ウンチ化石”を研究している千葉大学の泉賢太郎先生に、生痕化石やウンチ化石の研究についてくわしくお話を聞きました。

●世界を変えた科学と実験 静電気をためる! フランクリンのライデンびん
今回は、プラスチックのコップやアルミホイルなどを使って静電気をためる実験をご紹介。
成功するとパチンと音がして火花が飛ぶおもしろい実験で、放電のしくみもわかります。

●学校でも塾でも教えてくれない生きる技術 ナイフを使ってみよう!
「生きる技術」の中で、ナイフを正しく使えることは最も重要です。
もちろん、災害時にもとても役立つ道具です。
もし、あなたがナイフを使ったことがないなら、ここで紹介する方法でナイフの正しい使い方をマスターしましょう。

「子供の科学」の作品情報

レーベル
――
出版社
誠文堂新光社
ジャンル
実用 雑誌 科学
ページ数
118ページ (子供の科学2022年2月号)
配信開始日
2022年1月12日 (子供の科学2022年2月号)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad