電子書籍 嵐雪記 マンガ

完結
著者: 片山愁 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

嵐雪記: 1 あらすじ・内容

ひとたび抜けば、血を見るまでその力を抑えることはできないと言われる妖刀――「霧矢射」。封印されたこの刀を護り続ける咲宮家で、実の兄弟のように育った水生と天生。二人は父の死をきっかけに、己に課せられた宿命を識ることとなる――…。

この作品を共有
  

「嵐雪記」最新刊

水生は天生側にいた白セに会うために、海市や矢集と共に敵の根城へと向かう。ついにすべてを終わりにする時が近づいていた――…。霧矢射よ、呪われた運命とともに静かに眠れ――…。妖刀を巡る物語、ここに完結――!! 単行本未収録の外伝も掲載!!

「嵐雪記」作品一覧

(10冊)

各500円 (+税)

まとめてカート

ひとたび抜けば、血を見るまでその力を抑えることはできないと言われる妖刀――「霧矢射」。封印されたこの刀を護り続ける咲宮家で、実の兄弟のように育った水生と天生。二人は父の死をきっかけに、己に課せられた宿命を識ることとなる――…。

血吸いの刃を持つと言われる妖刀「霧矢射」。封印されたこの刀を護り続ける咲宮家で水生と天生は義兄弟として育った。しかし、父の死によりその平穏は崩れさる。「霧矢射」の封印を解き、姿を消した兄・天生。水生は「霧矢射」を封印する封じ手として、兄と対峙することに戸惑いながらも、対となる刀「破霞」をその手にとる――…。

次々と襲い来る刺客との戦いのなか、はじめて人を斬ってしまったことに激しく動揺する水生。現在の主・水生と己の過去の記憶との狭間で揺れる海市。そんな二人の前に再び天生はあらわれる…。

「嵐雪記」の作品情報

レーベル
ZERO-SUMコミックス
出版社
一迅社
ジャンル
マンガ 女性向け 完結 女性マンガ
ページ数
170ページ (嵐雪記: 1)
配信開始日
2016年6月17日 (嵐雪記: 1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad