電子書籍 戦国秘譚 神々に告ぐ 文芸・小説

完結
安部龍太郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

60ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

戦国秘譚 神々に告ぐ(上) あらすじ・内容

応仁の乱以降、室町幕府は力を失い、京都朝廷は衰微を極めた。後事を後奈良天皇に託された近衛前嗣の奔走が始まる……

応仁の乱以降、室町幕府は力を失い、群雄が割拠し、世は乱れた。古来、神々に礼を尽くして地上の平安を守ることを務めとしてきた京都朝廷は、衰微を極めた。弘治三年(一五五七)、後奈良天皇は後事を若き関白・近衛前嗣に託し、崩御。前嗣の奔走が始まる。幕府再建による朝権回復を目論む前嗣は、都を逐われた将軍・足利義輝と結び、都を支配する三好長慶を除こうと計画。これを阻もうとする長慶の権臣・松永久秀の秘められた思惑とは?

この作品を共有

「戦国秘譚 神々に告ぐ」最新刊

将軍・足利義輝の挙兵は、三好長慶との和議という妥協に終わり、永禄元年(一五五八)、義輝は帰洛を果たした。なおも長慶を除こうとする関白・近衛前嗣は、正親町天皇即位の礼を機に、勅命をもって諸大名に上洛を促すという奇策に出、若き織田信長を知る。前嗣の計画に、再び反撃に出た松永久秀を操るものの正体は何か? そして太古より神々に仕え、天に対して礼を尽くしてきた朝家が犯した、恐るべき秘密とは? 「黄泉の国なくば、朝家の神聖も保たれぬと知れ」――死霊の恫喝に即位の礼の行方は?

「戦国秘譚 神々に告ぐ」作品一覧

(2冊)

各616(税込)

まとめてカート

応仁の乱以降、室町幕府は力を失い、群雄が割拠し、世は乱れた。古来、神々に礼を尽くして地上の平安を守ることを務めとしてきた京都朝廷は、衰微を極めた。弘治三年(一五五七)、後奈良天皇は後事を若き関白・近衛前嗣に託し、崩御。前嗣の奔走が始まる。幕府再建による朝権回復を目論む前嗣は、都を逐われた将軍・足利義輝と結び、都を支配する三好長慶を除こうと計画。これを阻もうとする長慶の権臣・松永久秀の秘められた思惑とは?

将軍・足利義輝の挙兵は、三好長慶との和議という妥協に終わり、永禄元年(一五五八)、義輝は帰洛を果たした。なおも長慶を除こうとする関白・近衛前嗣は、正親町天皇即位の礼を機に、勅命をもって諸大名に上洛を促すという奇策に出、若き織田信長を知る。前嗣の計画に、再び反撃に出た松永久秀を操るものの正体は何か? そして太古より神々に仕え、天に対して礼を尽くしてきた朝家が犯した、恐るべき秘密とは? 「黄泉の国なくば、朝家の神聖も保たれぬと知れ」――死霊の恫喝に即位の礼の行方は?

「戦国秘譚 神々に告ぐ」の作品情報

レーベル
角川文庫
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文芸・小説 日本文学 完結
ページ数
330ページ (戦国秘譚 神々に告ぐ(上))
配信開始日
2013年8月22日 (戦国秘譚 神々に告ぐ(上))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad