電子書籍 一華後宮料理帖(角川ビーンズ文庫) ラノベ

完結
著者: 三川みり  イラスト: 凪かすみ 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

54ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

一華後宮料理帖 あらすじ・内容

『おいしい』――その一言を聞くために。 食を愛する皇女の後宮奮闘記!

『おいしい』――その一言が私の居場所になる。故国で神に捧げる食事を作っていた理美は、大帝国崑国へ貢ぎ物として後宮入りすることに。その際、大切な故郷の味を奪われそうになった所を食学博士の朱西に助けられる。彼の優しさに触れた理美は再会を胸に秘め、嫉妬渦巻く後宮内を持ち前の明るさと料理の腕前で切り抜けていく。しかし突然、皇帝不敬罪で捕らえられてしまって? 「食」を愛する皇女の中華後宮ファンタジー!!

この作品を共有

「一華後宮料理帖(角川ビーンズ文庫)」作品一覧

(11冊)

638〜726(税込)

まとめてカート

「陛下、退位をご決断ください」ついに蜂起し、皇帝・ショウ飛へ迫る朱西。戦か、退位か——与えられた猶予は十日。禁軍すら敵に回る状況で、それでもショウ飛は国を守るため戦う道を選ぶ。一方理美は、初秋の庭で聞いた「決した」という珠ちゃんの言葉の意味を考えていた。そんな中、ショウ飛が突如、原因不明の体調不良を訴える。毒が疑われ、理美は伯礼が何度か黒い小瓶を手にしていたことを思い出し……!? 全てを揺るがす第10弾!!

【電子特典短編】
理美が配り歩く揚げ菓子を作ったのは……? 特別書き下ろし短編「揚げ菓子の行方」を収録!

龍家と鳳家——崑国を二分する戦は激しさを増していく。そのとき、追い込まれたショウ飛の前に現れたのは、飛び去ったはずの五龍だった! 天意に導かれるかのごとく終息する戦い。最後に残すは、反乱の首謀者である鳳朱西の処刑のみ。時を同じくして理美は知る。戦いの裏に、彼の優しい“野心”があったことを。「あなたに会えて良かった」居場所を知らなかった和国の少女は、唯一の華——“一華”となる。シリーズ堂々完結!

【電子特典短編】
ショウ飛たちのその後を描く、書き下ろし短編「龍の後継者」を収録!