電子書籍 日本で老いて死ぬということ 2025年、老人「医療・介護」崩壊で何が起こるか 実用

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

日本で老いて死ぬということ 2025年、老人「医療・介護」崩壊で何が起こるか あらすじ・内容

団塊の世代が75歳になる2025年、家でも病院でも死ねなくなる!? 「多死社会」を迎えて病院がパンク、政府は在宅の看取りを推奨するが、訪問医師、訪問看護師、介護福祉士の数が足りない。今、何をすべきか? 豊富な現場取材をもとに考察する。

この作品を共有

「日本で老いて死ぬということ 2025年、老人「医療・介護」崩壊で何が起こるか」最新刊

団塊の世代が75歳になる2025年、家でも病院でも死ねなくなる!? 「多死社会」を迎えて病院がパンク、政府は在宅の看取りを推奨するが、訪問医師、訪問看護師、介護福祉士の数が足りない。今、何をすべきか? 豊富な現場取材をもとに考察する。

「日本で老いて死ぬということ 2025年、老人「医療・介護」崩壊で何が起こるか」の作品情報

レーベル
――
出版社
朝日新聞出版
ジャンル
実用 社会
ページ数
377ページ (日本で老いて死ぬということ 2025年、老人「医療・介護」崩壊で何が起こるか)
配信開始日
2016年6月24日 (日本で老いて死ぬということ 2025年、老人「医療・介護」崩壊で何が起こるか)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad