電子書籍 小田桐圭介短編集(マヴォ電脳Books) マンガ

著者: 小田桐圭介 

まずは、無料で試し読み

試し読み

11ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

帰って来た魔法使い あらすじ・内容

電脳マヴォのトップ作家、小田桐圭介が送る初期短篇集、電子書籍オリジナル版で発売!

彼は魔法使い、名前はディー、子供達の将来の夢を叶えるために旅をしている。でも、この土地に来たのは、他の目的があるみたい。彼は本当に良い魔法使いなの? 小田桐圭介の原点がここにある。「電柱の人が見える僕の話」をふくむ初期短篇集。

この作品を共有
  

「小田桐圭介短編集(マヴォ電脳Books)」最新刊

ある日私は、親友の智香に無理矢理バスに乗せられた。そのバスは智香自身。乗っているのは彼女の人生で大切な人や思い出。でも彼女はすでに……。表題作の他、「あたしはマントをひるがえし」「月の裏にはザリガニがいる」の計3編を収録。

「小田桐圭介短編集(マヴォ電脳Books)」作品一覧

(5冊)

各190円 (+税)

まとめてカート

彼は魔法使い、名前はディー、子供達の将来の夢を叶えるために旅をしている。でも、この土地に来たのは、他の目的があるみたい。彼は本当に良い魔法使いなの? 小田桐圭介の原点がここにある。「電柱の人が見える僕の話」をふくむ初期短篇集。

まだ子供の頃、引っ越して行ったさくらちゃん。無茶だけど優しい、変な女の子だった。高校生活も終わりかけたある日、ふと、あの子のことを思い出した。別れる時に、小さな箱をプレゼントしてくれたことを。ウェブマンガ「電脳マヴォ」で歴代ベスト10に輝く名作に、「シュガーブロッサム綺想譚」を組み合わせた短篇集。

私はいい子、とてもいい子、与えられたものを喜んで使う。なんて幸せ。それじゃあ寝ましょう。目が覚めたら何をしよう……。偉大なる実験作が電子書籍で登場! 『僕の小さい頃の曖昧な記憶』『夜、遠くへ向かう』『少女は屋上て?会話する』『少女は屋上て?会話する』『星々は健在なりや』を併録。シリーズ中もっともお買い得の一冊。小田桐ワールドを堪能せよ!

「小田桐圭介短編集(マヴォ電脳Books)」の作品情報

レーベル
マヴォ電脳Books
出版社
電脳マヴォ
ジャンル
マンガ
ページ数
95ページ (帰って来た魔法使い)
配信開始日
2016年6月24日 (帰って来た魔法使い)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad