電子書籍 後始末屋と不憫少女 マンガ

完結
著者: めいぷる 

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

後始末屋と不憫少女 上 あらすじ・内容

「怪しい者ではありませんのでご安心くださいませ」大好きだった祖母と死別した少女・弥々子の前に現れたのは、自らを「後始末屋」と名乗る怪しいスーツ姿の男でした。スーツ姿の男・楠木は、祖母の遺言で、弥々子の面倒を見るためにあの世からやってきたとのたまいます。かくして、天涯孤独の不憫少女とあの世のサラリーマン・後始末屋の、奇妙な同居生活が始まったのでした。

この作品を共有
  

「後始末屋と不憫少女」最新刊

「どうか君に僕の『呪い』が気づかれぬよう」祖母の死をきっかけに始まった、天涯孤独の不憫少女・弥々子と後始末屋・楠木の奇妙な同居生活は、色々な事件を挟みつつも、破綻することなく続いておりました。しかし、弥々子はいずれ訪れる別れの時のために、お互い触れずにいた楠木の過去、そして祖母との関係を問いただすことに。そこには、一人の人間に背負うには重すぎる過去と、「呪い」とでも呼ぶべき、数奇な因果があったのでした。

「後始末屋と不憫少女」作品一覧

(2冊)

各660(税込)

まとめてカート

「怪しい者ではありませんのでご安心くださいませ」大好きだった祖母と死別した少女・弥々子の前に現れたのは、自らを「後始末屋」と名乗る怪しいスーツ姿の男でした。スーツ姿の男・楠木は、祖母の遺言で、弥々子の面倒を見るためにあの世からやってきたとのたまいます。かくして、天涯孤独の不憫少女とあの世のサラリーマン・後始末屋の、奇妙な同居生活が始まったのでした。

「どうか君に僕の『呪い』が気づかれぬよう」祖母の死をきっかけに始まった、天涯孤独の不憫少女・弥々子と後始末屋・楠木の奇妙な同居生活は、色々な事件を挟みつつも、破綻することなく続いておりました。しかし、弥々子はいずれ訪れる別れの時のために、お互い触れずにいた楠木の過去、そして祖母との関係を問いただすことに。そこには、一人の人間に背負うには重すぎる過去と、「呪い」とでも呼ぶべき、数奇な因果があったのでした。

「後始末屋と不憫少女」の作品情報

レーベル
――
出版社
一迅社
ジャンル
マンガ 完結
ページ数
152ページ (後始末屋と不憫少女 上)
配信開始日
2016年6月25日 (後始末屋と不憫少女 上)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad