電子書籍 「笑う地域活性本」シリーズ 実用

著者: 福井次郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

29ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

増補・改訂版 青森の逆襲 “地の果て”を楽しむ逆転の発想 あらすじ・内容

誇るべき青森を再発見!青森は地の果て?自然・独自の歴史・文化、人材も豊富。町おこしの成功例も多数。増補により南部地方も充実。

誇るべき青森を再発見!
★新幹線が北海道へ延びても、青森は地の果て、辺境、遅れた土地なのでしょうか。
★たしかに不便なことは多々あります。しかし、都市がとうの昔になくしてしまった自然があります。独自の歴史・文化もあります。人材も豊富です。イベントは桜と「ねぶた」だけではありません。各地で競い合って町おこしも始まっていて、成功例も多数。
★増補により南部地方も充実。
過去・現在・未来から「青森の幸せ力」を探ります。

この作品を共有

「「笑う地域活性本」シリーズ」最新刊

福井の潜在パワーを知り尽くす本
カニとIT、えち鉄=メディアミックスで逆襲!
「全国体力テスト」小学5年生男女とも1位、「全国学力テスト」2位、これからの福井もやっぱり幸せな県!
★ビミョーなこともあるけどすごい「日本でいちばん幸せな都道府県」ランキング1位、都道府県別幸福度ランキング1位! 幸せの2冠王
★福井人の主食はやきとりなのか?
 ★「カツレツ消費量」「フライ消費量」トップって…福井県人ってデブが多い?
 ★水ようかんは冬の風物詩!?
★朝倉家、柴田勝家、日本の歴史のカギは福井が握っていた!?
★「はよしね」って……「福井弁」辞典
★「めがね」「えち鉄」「オープンデータ」ITと伝統産業のコラボで変わりつつある福井

「「笑う地域活性本」シリーズ」作品一覧

(5冊)

各1,540(税込)

まとめてカート

誇るべき青森を再発見!
★新幹線が北海道へ延びても、青森は地の果て、辺境、遅れた土地なのでしょうか。
★たしかに不便なことは多々あります。しかし、都市がとうの昔になくしてしまった自然があります。独自の歴史・文化もあります。人材も豊富です。イベントは桜と「ねぶた」だけではありません。各地で競い合って町おこしも始まっていて、成功例も多数。
★増補により南部地方も充実。
過去・現在・未来から「青森の幸せ力」を探ります。

地元の良さを再発見!
北海道は住んでみたい土地ナンバーワン、でも住んでみたい≠住みやすい、ではありません。イメージはよくても、過疎、財政、補助金依存体質など、悩める問題、逆襲すべき課題は多々あります。
ではどうすれば? 足元で“凍っている”お宝を活用すればいいのです。

東京に来た「真性大阪のオバちゃん」が、本人たちが意外に気づいていない陽気でフリーダムで笑いがいっぱいのその魅力とオモロサを、大阪の親友に手紙で報告!……という設定。
大阪に限らず閉塞感いっぱいの日本には、このノー天気な生き方が必要。
いつも心に大阪のオバちゃんを!

「「笑う地域活性本」シリーズ」の作品情報

レーベル
――
出版社
言視舎
ジャンル
実用
ページ数
232ページ (増補・改訂版 青森の逆襲 “地の果て”を楽しむ逆転の発想)
配信開始日
2016年6月29日 (増補・改訂版 青森の逆襲 “地の果て”を楽しむ逆転の発想)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad