電子書籍 農耕と園芸 実用

著者: 農耕と園芸編集部 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

農耕と園芸2018年6月号 あらすじ・内容

野菜・花・果樹の総合園芸誌

特集:トマトの最新動向
1単為結果性でかつ高糖度を有す新規トマト変異体と遺伝子を発見
2高糖度ミニトマトの局所加温による生産性向上
3トマトネコブセンチュウ病 病態とその対策
4トマトにおける摘葉処理が果実品質と終了に及ぼす影響
5トマトのおいしさの見える化について

●生産現場へGO!!
病害と震災を乗り越え躍進するJAやつしろのトマト
●「のらぼう菜」とアスパラガスの「採りっきり栽培」
●ハウス内の光環境の適正化を目指す自動調光システム

新連載
・土壌医を目指そう! はじめての土壌づくり[中上級]

連載
・見たい・知りたい・最先端!!
植物に含まれる有用成分の抽出技術を改良し未利用植物資源の有効活用を目指す

・私、農家になりました!
業務用露地野菜を作っています。

・実践! 鳥獣害対策
大型動物の被害対策

・農業経営のお得な情報! 上手にお金を貯める話
相続に関する得するお話。

・新花き探索
ダレア・コエルレア

・野菜・花・果樹の病害虫
エダマメ
ネキリムシ類/ホソヘリカメムシ

リポート
・変わる都市農業
農業の未来を考えるシンポジウム in 八王子
・2018年フラワー&ガーデンショウ リポート

この作品を共有

「農耕と園芸」最新刊

特集:トマトの最新動向
1単為結果性でかつ高糖度を有す新規トマト変異体と遺伝子を発見
2高糖度ミニトマトの局所加温による生産性向上
3トマトネコブセンチュウ病 病態とその対策
4トマトにおける摘葉処理が果実品質と終了に及ぼす影響
5トマトのおいしさの見える化について

●生産現場へGO!!
病害と震災を乗り越え躍進するJAやつしろのトマト
●「のらぼう菜」とアスパラガスの「採りっきり栽培」
●ハウス内の光環境の適正化を目指す自動調光システム

新連載
・土壌医を目指そう! はじめての土壌づくり[中上級]

連載
・見たい・知りたい・最先端!!
植物に含まれる有用成分の抽出技術を改良し未利用植物資源の有効活用を目指す

・私、農家になりました!
業務用露地野菜を作っています。

・実践! 鳥獣害対策
大型動物の被害対策

・農業経営のお得な情報! 上手にお金を貯める話
相続に関する得するお話。

・新花き探索
ダレア・コエルレア

・野菜・花・果樹の病害虫
エダマメ
ネキリムシ類/ホソヘリカメムシ

リポート
・変わる都市農業
農業の未来を考えるシンポジウム in 八王子
・2018年フラワー&ガーデンショウ リポート

「農耕と園芸」作品一覧

(24冊)

各1,000円 (+税)

まとめてカート

特集:トマトの最新動向
1単為結果性でかつ高糖度を有す新規トマト変異体と遺伝子を発見
2高糖度ミニトマトの局所加温による生産性向上
3トマトネコブセンチュウ病 病態とその対策
4トマトにおける摘葉処理が果実品質と終了に及ぼす影響
5トマトのおいしさの見える化について

●生産現場へGO!!
病害と震災を乗り越え躍進するJAやつしろのトマト
●「のらぼう菜」とアスパラガスの「採りっきり栽培」
●ハウス内の光環境の適正化を目指す自動調光システム

新連載
・土壌医を目指そう! はじめての土壌づくり[中上級]

連載
・見たい・知りたい・最先端!!
植物に含まれる有用成分の抽出技術を改良し未利用植物資源の有効活用を目指す

・私、農家になりました!
業務用露地野菜を作っています。

・実践! 鳥獣害対策
大型動物の被害対策

・農業経営のお得な情報! 上手にお金を貯める話
相続に関する得するお話。

・新花き探索
ダレア・コエルレア

・野菜・花・果樹の病害虫
エダマメ
ネキリムシ類/ホソヘリカメムシ

リポート
・変わる都市農業
農業の未来を考えるシンポジウム in 八王子
・2018年フラワー&ガーデンショウ リポート

特集:輸出 成功の秘訣

海外で評価の高い日本産青果物。
輸出のさらなる販路、増大のために生産・流通現場で何が必要なのか。
輸出の現状や展望、事例を交えた最新情報をお届けする。

●日本の野菜をもっと世界の食卓に!
~国産野菜輸出の現況と課題、野菜の輸出拡大に向けた取り組みに
東京青果株式会社 経営戦略室長 久保忠博

●東日本大震災後の日本産果実 輸出の現況と輸出拡大へ向けての提言
共栄大学国際経営学部 中村哲也

●リンゴの輸出拡大のための検疫病害虫、残留農薬の課題と展望
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門 リンゴ研究領域 岩波 徹

●台湾・アメリカ・シンガポールへの輸出に成功した『十勝川西長いも』
取材協力/十勝川西長いも運営協議会 JA帯広かわにし

<記事>
●生産現場へGO!!
おいしさは種子から 生産者が育種も手がける静岡の温室メロン
取材協力/静岡県温室農業協同組合

●東京オリンピック・パラリンピックまで2年 GAPシンポジウム

●花穂上部支梗を利用した種なしブドウの省力果房管理技術の品種適応性
茨城県農業総合センター園芸研究所果樹研究室 白石奈穂

<連載>
・短期連載 実践!鳥獣害対策「中型動物の被害対策」
農研機構西日本農業研究センター 江口祐輔
   
・見たい・知りたい・最先端!!
花き産業の活性化を目指して 青いキクの誕生に成功
取材協力/農研機構野菜花き研究部門 野田尚信

・上手にお金を貯める話
株式会社日本中央研修会 日本中央税理士法人 代表取締役 公認会計士 青木寿幸

特集:今、注目の葉菜類
キャベツ、ハクサイ、タマネギ、ネギなど、種類が非常に多い葉菜類。近年注目が高まりつつあるハーブ類や、ブームとなったパクチーやセリなど、今回は葉菜類のなかでも今後注目したい品目をピックアップし、研究成果や事例など様々な方向から紹介します。

「農耕と園芸」の作品情報

レーベル
――
出版社
誠文堂新光社
ジャンル
実用 ビジネス 科学 雑誌
ページ数
140ページ (農耕と園芸2018年6月号)
配信開始日
2018年5月23日 (農耕と園芸2018年6月号)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad