電子書籍 レジェンド歴史時代小説 庖丁ざむらい 十時半睡事件帖(講談社文庫) 文芸・小説

著: 白石一郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

レジェンド歴史時代小説 庖丁ざむらい 十時半睡事件帖 あらすじ・内容

黒田藩の要職を歴任して、いまは隠居の身の十時半睡(とときはんすい)だが、藩の生き字引として尊敬を集め、藩士がらみのさまざまなトラブルの相談がしばしば持ち込まれる。刀剣マニア同士の悲喜劇、ノミの夫婦にまつわる騒動など、泰平の武士の人間的な側面に対して、半睡が経験にもとづくさばけた“十時さばき”をしてみせる。現代でも大いなる共感を呼ぶ時代小説の傑作。

この作品を共有

「レジェンド歴史時代小説 庖丁ざむらい 十時半睡事件帖(講談社文庫)」最新刊

黒田藩の要職を歴任して、いまは隠居の身の十時半睡(とときはんすい)だが、藩の生き字引として尊敬を集め、藩士がらみのさまざまなトラブルの相談がしばしば持ち込まれる。刀剣マニア同士の悲喜劇、ノミの夫婦にまつわる騒動など、泰平の武士の人間的な側面に対して、半睡が経験にもとづくさばけた“十時さばき”をしてみせる。現代でも大いなる共感を呼ぶ時代小説の傑作。

「レジェンド歴史時代小説 庖丁ざむらい 十時半睡事件帖(講談社文庫)」の作品情報

レーベル
講談社文庫
出版社
講談社
ジャンル
文芸・小説 日本文学 時代小説 歴史
ページ数
328ページ (レジェンド歴史時代小説 庖丁ざむらい 十時半睡事件帖)
配信開始日
2016年7月8日 (レジェンド歴史時代小説 庖丁ざむらい 十時半睡事件帖)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad