電子書籍 唯一神の憂鬱(楽ノベ文庫) ラノベ

著: 阿井上夫 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

唯一神の憂鬱 あらすじ・内容

その日、俺は白い部屋の中にある白いベッドの上に横たわった状態で、目を覚ました。交通事故か? それとも火事? 両目がチカチカして、身体を起こすと側頭部が激しく痛む。やはり火事か? そんなことを考えながら、しばらくぼおっとしてベッドの縁に腰掛けていると、ドアがノックされて事務員風の男が現れた。エノキヅと名乗るその男は言った。

「貴方は神として、この世界に転生したのです。絶対的な力を持った唯一神として……」。

俺が絶対的な力を持った唯一神!しかしエノキヅが語る唯一神とは、俺が想像していたものとはほど遠いものだった……。

俺とエノキヅのすれ違う会話がシュールなファンタジー短編小説。
第1回マイナビお仕事小説コン入選作品。

この作品を共有

「唯一神の憂鬱(楽ノベ文庫)」最新刊

その日、俺は白い部屋の中にある白いベッドの上に横たわった状態で、目を覚ました。交通事故か? それとも火事? 両目がチカチカして、身体を起こすと側頭部が激しく痛む。やはり火事か? そんなことを考えながら、しばらくぼおっとしてベッドの縁に腰掛けていると、ドアがノックされて事務員風の男が現れた。エノキヅと名乗るその男は言った。

「貴方は神として、この世界に転生したのです。絶対的な力を持った唯一神として……」。

俺が絶対的な力を持った唯一神!しかしエノキヅが語る唯一神とは、俺が想像していたものとはほど遠いものだった……。

俺とエノキヅのすれ違う会話がシュールなファンタジー短編小説。
第1回マイナビお仕事小説コン入選作品。

「唯一神の憂鬱(楽ノベ文庫)」の作品情報

レーベル
楽ノベ文庫
出版社
マイナビ出版
ジャンル
ライトノベル 異世界系作品
ページ数
49ページ (唯一神の憂鬱)
配信開始日
2016年7月8日 (唯一神の憂鬱)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad