電子書籍 長渕剛論 実用

著: 杉田俊介 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

長渕剛論 歌え、歌い殺される明日まで あらすじ・内容

長渕本人との対話を含む、衝撃の450枚。この国の「男性」や「日本人」が抱えた矛盾を、根本から問い続けてきた男の真実とは――。長渕剛とはいったい何者か。長渕の歩みを見つめる時、そこに浮かび上がってくるのは、「男らしさ」や「日本人であること」をめぐる様々な矛盾と葛藤であり、かつ、それらの問題を背負い、つまずきながらも、成熟を重ねてきた姿である。長渕剛という一人の人間と、その歌について考え抜くことで、私たちの生きる〈時代〉もを炙り出す、渾身の書き下ろし評論。<目次>●第一章 長渕剛という人間●第二章 日本人にとって男らしさとは何か●第三章 家族の一人として●第四章 弱さとやさしさ●第五章 非暴力的な男らしさ、寛容な愛国心はありうるのか●第六章 明日を始めるために●第七章 長渕剛との対話●終 章 母なる歌を歌い殺すということ

この作品を共有

「長渕剛論」最新刊

長渕本人との対話を含む、衝撃の450枚。この国の「男性」や「日本人」が抱えた矛盾を、根本から問い続けてきた男の真実とは――。長渕剛とはいったい何者か。長渕の歩みを見つめる時、そこに浮かび上がってくるのは、「男らしさ」や「日本人であること」をめぐる様々な矛盾と葛藤であり、かつ、それらの問題を背負い、つまずきながらも、成熟を重ねてきた姿である。長渕剛という一人の人間と、その歌について考え抜くことで、私たちの生きる〈時代〉もを炙り出す、渾身の書き下ろし評論。<目次>●第一章 長渕剛という人間●第二章 日本人にとって男らしさとは何か●第三章 家族の一人として●第四章 弱さとやさしさ●第五章 非暴力的な男らしさ、寛容な愛国心はありうるのか●第六章 明日を始めるために●第七章 長渕剛との対話●終 章 母なる歌を歌い殺すということ

「長渕剛論」の作品情報

レーベル
――
出版社
毎日新聞出版
ジャンル
実用 芸能
ページ数
318ページ (長渕剛論 歌え、歌い殺される明日まで)
配信開始日
2016年7月8日 (長渕剛論 歌え、歌い殺される明日まで)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad