電子書籍 《P》シリーズ マンガ

漫画: 北原文野 

まずは、無料で試し読み

試し読み

28ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

《Pシリーズ1》 L6~外を夢みて~ あらすじ・内容

文明が爛熟期を迎えたころ、突如地球規模の大戦が勃発し、人類は歴史と繁栄のすべてを失った。人類は核を逃れ、地下に移住するようになって数世紀。再び文化を取り戻しつつあった。そしてアトラス暦460年ごろ…その環境下の中で特殊な能力を持つものが現れた。いわゆる超能力者…後に《P》と呼ばれる者たちであった。E・S・P研究所。1人の少女が訓練をしていた…彼女の名前はメィリア…半年間の事故により記憶が喪失、日夜リハビリを続ける彼女は瞬間移動を得意とするテレポーターである。ここはL1-L7まで能力順によって階級が分けられており、メィリアはL6のメンバーであった。ある日、メィリアは自分にテレパシー能力がついたことを知り、さらには恐るべきクローン計画について知ってしまうのだった。北原先生がお贈りする、壮大なる超能力者《P》たちのサーガ! 難解なストーリーを読みやすく再編成!! シリーズ第1巻!!

  • シェア:
  

「《P》シリーズ」作品一覧

(20冊)

220〜330(税込)

まとめてカート

新シリーズ開幕!! アトラス暦550年。中央市爆破事件から16年が経った。10歳になったミリアム・シュレールは不思議な夢を見るようになっていた。《スロウ》、《お墓》、《サモス》……満天の星空!? 地下都市M市に住むミリアムは、もちろん星など見たことがない。あの夢は一体……!? そんな中、ミリアムは突然テレパスPの力に目覚めてしまう。さらにその力で両親の心を読み取ってしまい、衝撃の事実を知ってしまう。私は2人の本当の子供では……ない? そしてPだとは誰にも言えず思い悩むミリアムの頭に、不思議な呼びかけ声が響き渡った。「Pなら夕方6時に北公園へおいで」。《P》の仲間に会える! 10歳の不安な心が身体を突き動かし、ミリアムはこっそり公園へと向かった。この行動がミリアムの波乱に満ちた物語の幕開けとなる……。北原文野先生がお贈りする壮大なる超能力者《P》たちのサーガ、待望の新シリーズ『ミリアムとリュシアンの章』第1章!! 《P》シリーズ第19巻!!

地上へ逃げ込んだミリアムとリュシアンは、SSPのリーらと協力し合い、地下都市の弾圧される《P》救出に奔走していた。そして2人はアティカという子宝にも恵まれていた。順風満帆に見えた2人の新生活であったが、執拗にミレアムを追い続けるゲオルグIII世は、日々、テレパシー増幅装置でミレアムに呼びかけ続けていた……。そして地下都市から大量のPが消えている。この謎を追っていたゲオルグIII世は、ひょんなことから手がかりを見つけ、《P》が地上へ逃げているという事実を知ってしまう。ミレアムは地上にいる!! すぐさまゲオルグIII世は地上へと向かった……そして!? 北原文野先生がお贈りする壮大なる超能力者《P》たちのサーガ、待望の新シリーズ『ミリアムとリュシアンの章』第2章!! 《P》シリーズ第20巻!!