電子書籍 夢守りの姫巫女(講談社X文庫) ラノベ

著: 後藤リウ  絵: かわく 

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

夢守りの姫巫女 魔の影は金色 あらすじ・内容

殯の夜伽衆と呼ばれる職能集団の中に、夢見の能力を持つものがいる。夢を通じて死者の最期の想いを受けとるのだ。見習いのキアルは金髪碧眼の十六歳。黒い髪と瞳が特徴の殯衆のなかで、その容姿はまるで「よそ人」。だが夢見の能力は確かで、師の父とともに夢見を行っていた。いつものように死者の夢見をしていると、巨大な魔物に襲われ、父が――! キアルは故郷の里を出て探求の旅に出ることに――。

この作品を共有

「夢守りの姫巫女(講談社X文庫)」最新刊

キアルは殯ノ夢見。死者の最期のメッセージを受けとるのが仕事だ。聖王国で奇跡の体験をして余韻に浸るまもなく、故郷からチャマテが危機的な面持ちで訪れた。「夢見が夢を見られなくなった」というのだ。聖王子ラトマに引き留められるが、キアルとハイリルは、チャマテとともに殯衆のもとへ戻る。この異常事態を解決するために、殯衆すべての座の代表が集まるが、キアルが戒律を破ったせいだと責められてしまい!?

「夢守りの姫巫女(講談社X文庫)」作品一覧

(3冊)

各605(税込)

まとめてカート

殯の夜伽衆と呼ばれる職能集団の中に、夢見の能力を持つものがいる。夢を通じて死者の最期の想いを受けとるのだ。見習いのキアルは金髪碧眼の十六歳。黒い髪と瞳が特徴の殯衆のなかで、その容姿はまるで「よそ人」。だが夢見の能力は確かで、師の父とともに夢見を行っていた。いつものように死者の夢見をしていると、巨大な魔物に襲われ、父が――! キアルは故郷の里を出て探求の旅に出ることに――。

キアルは殯ノ夢見。死者の最期のメッセージを受けとるのが仕事だ。夢魔との対決を終えたキアルは、ティファトと初対面してよろこんでいたのもつかの間、ハイリルが突然、殺人の罪に問われ姿を消してしまう。ハイリルを探すため、ティファトとともに再び旅を開始することに。途上で美しい女性と出会うのだが――!?

キアルは殯ノ夢見。死者の最期のメッセージを受けとるのが仕事だ。聖王国で奇跡の体験をして余韻に浸るまもなく、故郷からチャマテが危機的な面持ちで訪れた。「夢見が夢を見られなくなった」というのだ。聖王子ラトマに引き留められるが、キアルとハイリルは、チャマテとともに殯衆のもとへ戻る。この異常事態を解決するために、殯衆すべての座の代表が集まるが、キアルが戒律を破ったせいだと責められてしまい!?

「夢守りの姫巫女(講談社X文庫)」の作品情報

レーベル
講談社X文庫
出版社
講談社
ジャンル
ライトノベル 女性向け 恋愛
ページ数
255ページ (夢守りの姫巫女 魔の影は金色)
配信開始日
2016年7月15日 (夢守りの姫巫女 魔の影は金色)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad