電子書籍 金物屋夜見坂少年の怪しい副業(集英社オレンジ文庫) ラノベ

著者: 紙上ユキ  イラストレータ: 宵マチ 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ☆

まずは、無料で試し読み

試し読み

33ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

金物屋夜見坂少年の怪しい副業 あらすじ・内容

夜見坂少年の生業は、鍋や薬缶を売る金物屋だ。去年他界した先代から引き継いだ店である。そして、もう一つ引き継いだのが「まじない屋」。不本意ながら、こちらの方が繁盛している。ある日、賀川男爵家の家令を名乗る男に屋敷へ連れて行かれた夜見坂は、男爵から息子・千尋にかかった呪いを解くよう命じられる。大学を休み、離れで寝込む千尋に会った夜見坂は…?

この作品を共有

「金物屋夜見坂少年の怪しい副業(集英社オレンジ文庫)」最新刊

夜見坂(よみさか)少年が営む金物屋は、副業で「まじない屋」も営んでいる。不本意ながら「まじない屋」のほうが繁盛しているらしい。ある日、夜見坂は、法律上やむを得ず、夜見坂の甥になってしまった刑事・静から人身売買事件の噂を聞きつける。興味を惹かれた夜見坂は、以前、別の事件で知り合った男爵家の令嬢で医学生の千尋を強引に誘い、旅行気分で怪しい屋敷に乗り込むが…!?

「金物屋夜見坂少年の怪しい副業(集英社オレンジ文庫)」作品一覧

(3冊)

561〜572(税込)

まとめてカート

夜見坂少年の生業は、鍋や薬缶を売る金物屋だ。去年他界した先代から引き継いだ店である。そして、もう一つ引き継いだのが「まじない屋」。不本意ながら、こちらの方が繁盛している。ある日、賀川男爵家の家令を名乗る男に屋敷へ連れて行かれた夜見坂は、男爵から息子・千尋にかかった呪いを解くよう命じられる。大学を休み、離れで寝込む千尋に会った夜見坂は…?

夜見坂少年が先代から引き継いで営む金物屋では、まじないや憑き物落としの相談も受けている。やけに老成した彼によると、不本意ながら副業である「まじない屋」の方が繁盛しているらしい。男爵家の令息で医学生の千尋は、自身が絡む呪いの一件で彼と知り合い、なんとなく関係が続いている。そんなある日、千尋は夜見坂少年の副業を手伝わされることになり…?

夜見坂(よみさか)少年が営む金物屋は、副業で「まじない屋」も営んでいる。不本意ながら「まじない屋」のほうが繁盛しているらしい。ある日、夜見坂は、法律上やむを得ず、夜見坂の甥になってしまった刑事・静から人身売買事件の噂を聞きつける。興味を惹かれた夜見坂は、以前、別の事件で知り合った男爵家の令嬢で医学生の千尋を強引に誘い、旅行気分で怪しい屋敷に乗り込むが…!?

「金物屋夜見坂少年の怪しい副業(集英社オレンジ文庫)」の作品情報

レーベル
集英社オレンジ文庫
出版社
集英社
ジャンル
ライトノベル ミステリー・推理・サスペンス 推理
ページ数
243ページ (金物屋夜見坂少年の怪しい副業)
配信開始日
2016年1月22日 (金物屋夜見坂少年の怪しい副業)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad