電子書籍 新しいお伊勢参り “おかげ年”の参拝が、一番得をする! 新書

著: 井上宏生 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

新しいお伊勢参り “おかげ年”の参拝が、一番得をする! あらすじ・内容

式年遷宮が話題になっている伊勢神宮は、10月2日と5日の深夜に「遷御」という、ご神体を旧正殿から新正殿に遷す儀式がある。実は、式年遷宮の年の参拝は、せわしいだけであまりご利益がないという。江戸時代から遷宮の翌年を「御陰年」といい、そこでの参拝「御陰参り」がご利益があるとされてきた。なぜ御陰年、御陰参りの言い伝えができたか? どのようなお参りをすればご利益があるかを紹介する。

この作品を共有

「新しいお伊勢参り “おかげ年”の参拝が、一番得をする!」最新刊

式年遷宮が話題になっている伊勢神宮は、10月2日と5日の深夜に「遷御」という、ご神体を旧正殿から新正殿に遷す儀式がある。実は、式年遷宮の年の参拝は、せわしいだけであまりご利益がないという。江戸時代から遷宮の翌年を「御陰年」といい、そこでの参拝「御陰参り」がご利益があるとされてきた。なぜ御陰年、御陰参りの言い伝えができたか? どのようなお参りをすればご利益があるかを紹介する。

「新しいお伊勢参り “おかげ年”の参拝が、一番得をする!」の作品情報

レーベル
講談社+α新書
出版社
講談社
ジャンル
新書 ノンフィクション
ページ数
165ページ (新しいお伊勢参り “おかげ年”の参拝が、一番得をする!)
配信開始日
2014年4月4日 (新しいお伊勢参り “おかげ年”の参拝が、一番得をする!)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad