電子書籍 日本の公文書 開かれたアーカイブズが社会システムを支える 実用

著: 松岡資明 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

日本の公文書 開かれたアーカイブズが社会システムを支える あらすじ・内容

2011年4月、公文書管理法施行。
日本は公文書を残していけるのか?

国や行政法人の活動の記録である公文書を保存・公開するルールである「公文書管理法」。
その成り立ちから、社会的・歴史的な意味、運用に当たっての課題、そして、一人ひとりの人間が生きた証としての私文書まで、日本の記録資料の現状を取材した日経新聞編集委員が書く体験的アーカイブズ論。
アーカイブズの海は、深くて広い。

この作品を共有

「日本の公文書 開かれたアーカイブズが社会システムを支える」最新刊

2011年4月、公文書管理法施行。
日本は公文書を残していけるのか?

国や行政法人の活動の記録である公文書を保存・公開するルールである「公文書管理法」。
その成り立ちから、社会的・歴史的な意味、運用に当たっての課題、そして、一人ひとりの人間が生きた証としての私文書まで、日本の記録資料の現状を取材した日経新聞編集委員が書く体験的アーカイブズ論。
アーカイブズの海は、深くて広い。

「日本の公文書 開かれたアーカイブズが社会システムを支える」の作品情報

レーベル
――
出版社
ポット出版
ジャンル
実用 社会
ページ数
185ページ (日本の公文書 開かれたアーカイブズが社会システムを支える)
配信開始日
2016年7月27日 (日本の公文書 開かれたアーカイブズが社会システムを支える)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad