電子書籍 47都道府県の関ヶ原 西軍が勝っていたら日本はどうなった 新書

著: 八幡和郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

47都道府県の関ヶ原 西軍が勝っていたら日本はどうなった あらすじ・内容

もし、秀吉がもう少し長生きしたら、あるいは、関ヶ原で西軍が勝っていたら、日本は西欧諸国に先駆けて絶対主義的国家への変身に成功したであろう。人類文明の牽引車となることも可能だったのではないか。「関ヶ原で西軍が勝っていたら」ということを考えることは、このところ後ろ向きになりがちな日本の将来像を考えるうえで、素晴らしい示唆に富むと信じるのである。

この作品を共有

「47都道府県の関ヶ原 西軍が勝っていたら日本はどうなった」最新刊

もし、秀吉がもう少し長生きしたら、あるいは、関ヶ原で西軍が勝っていたら、日本は西欧諸国に先駆けて絶対主義的国家への変身に成功したであろう。人類文明の牽引車となることも可能だったのではないか。「関ヶ原で西軍が勝っていたら」ということを考えることは、このところ後ろ向きになりがちな日本の将来像を考えるうえで、素晴らしい示唆に富むと信じるのである。

「47都道府県の関ヶ原 西軍が勝っていたら日本はどうなった」の作品情報

レーベル
講談社+α新書
出版社
講談社
ジャンル
新書 歴史
ページ数
341ページ (47都道府県の関ヶ原 西軍が勝っていたら日本はどうなった)
配信開始日
2014年1月10日 (47都道府県の関ヶ原 西軍が勝っていたら日本はどうなった)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad