電子書籍 七匹の侍 マンガ

完結
著: 鈴木マサカズ 

まずは、無料で試し読み

試し読み

40ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

七匹の侍(1) あらすじ・内容

母を殺され父を殺され姉を兄を殺され妹を弟を殺された。そんなアタイは殺されっこ。生きるために殺すのさ。斬る、ユー。――渡世人、それは浮き世のしがらみを捨てたならず者。生きるも死ぬも、てめえ次第。そんな奴らが跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)した江戸後期に名を馳せた、極悪非道の女渡世人・宵闇(よいやみ)のお紺(こん)。一族を惨殺した七匹の首を翔ばすべく、復讐三昧で御座います。

この作品を共有

「七匹の侍」最新刊

怖いのは、あんたじゃない。怖いのは、道半ばで犬っころのようにおっ死ぬこと。だから……あんたは怖かぁない。斬る、ユー。――極印を消すためには、“ずる”をしてはいけないの。“ずる”をするとこの極印は一生消えないから。父上、母上には“ずる”のことは、すぐに分かっちゃうんだよ。だから、私は、ちゃんとあの女・お紺(こん)を殺さなくちゃいけないの。前衛時代劇、ここに完結。『七匹』ぜんぶ出てきます。

「七匹の侍」作品一覧

(3冊)

各660(税込)

まとめてカート

母を殺され父を殺され姉を兄を殺され妹を弟を殺された。そんなアタイは殺されっこ。生きるために殺すのさ。斬る、ユー。――渡世人、それは浮き世のしがらみを捨てたならず者。生きるも死ぬも、てめえ次第。そんな奴らが跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)した江戸後期に名を馳せた、極悪非道の女渡世人・宵闇(よいやみ)のお紺(こん)。一族を惨殺した七匹の首を翔ばすべく、復讐三昧で御座います。

生きるためだったら、どんな野郎だって悦んで受け入れた……何が兄弟さ、笑わせるんじゃないよ、まらかす野郎。――七匹の極悪人を根絶やしにするため、女渡世人・宵闇(よいやみ)のお紺(こん)の殺戮の旅は続きマス。さてさて残す首はあと五ツ。幻術使いの蛇に、昼でも暗い島に巣喰う兎。復讐は一筋縄じャあイキマセヌ。

怖いのは、あんたじゃない。怖いのは、道半ばで犬っころのようにおっ死ぬこと。だから……あんたは怖かぁない。斬る、ユー。――極印を消すためには、“ずる”をしてはいけないの。“ずる”をするとこの極印は一生消えないから。父上、母上には“ずる”のことは、すぐに分かっちゃうんだよ。だから、私は、ちゃんとあの女・お紺(こん)を殺さなくちゃいけないの。前衛時代劇、ここに完結。『七匹』ぜんぶ出てきます。

「七匹の侍」の作品情報

レーベル
ヤングマガジン
出版社
講談社
ジャンル
マンガ 男性向け 時代劇マンガ 完結 青年マンガ バトル・格闘・アクション 歴史 ヤングマガジン
ページ数
193ページ (七匹の侍(1))
配信開始日
2013年8月30日 (七匹の侍(1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad