電子書籍 えびす亭百人物語(太陽堂出版) 文芸・小説

著: 高瀬甚太 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

えびす亭百人物語 第一番目の客 くみちょう あらすじ・内容

商社勤めの私が親父のあとを継いでえびす亭に立つようになった。「くみちょう」はそんな私にとって第一番目の客となった。人情味あふれ面倒見のいい「くみちょう」の存在に心癒されるが……。

この作品を共有

「えびす亭百人物語(太陽堂出版)」最新刊

酔っ払いの父に、冗談半分で「捨男」と付けられた捨男は、その名前のために幼い頃から壮絶ないじめに遭い、不遇な人生を送って来た。しかし、社会に出て、十年目に転職して、捨男の人生は変わって行く――。

「えびす亭百人物語(太陽堂出版)」作品一覧

(81冊)

各275(税込)

まとめてカート

商社勤めの私が親父のあとを継いでえびす亭に立つようになった。「くみちょう」はそんな私にとって第一番目の客となった。人情味あふれ面倒見のいい「くみちょう」の存在に心癒されるが……。

えびす亭にやってきた親方の顔色が妙に暗く沈んでいる。おかまのおすぎさんは、「部下が事故を起こしたせいよ」と言う。奇妙な関係の親方とおすぎさん。やがて……。

えびす亭の客の中でも人一倍好奇心の強い山本さんが雅やんという人物に興味を持った。寡黙で誰とも交わらない、その雅やんはマスターにだけは心を許している……。

「えびす亭百人物語(太陽堂出版)」の作品情報

レーベル
――
出版社
太陽堂出版
ジャンル
文芸・小説 日本文学
ページ数
24ページ (えびす亭百人物語 第一番目の客 くみちょう)
配信開始日
2016年7月27日 (えびす亭百人物語 第一番目の客 くみちょう)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad