電子書籍 おっちゃんのめっちゃ泣ける話(太陽堂出版) 文芸・小説

著: 高瀬甚太 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

おっちゃんのめっちゃ泣ける話(一) あらすじ・内容

最愛の姉ちゃんが危篤に陥った。病院に駆けつけた私は意識不明の姉に思い出の数々を語りかける。すると姉が……、『姉ちゃんの死』。家を出て行方不明になった父と残された母の思い。そして母の死。母の死を知った父は、通夜、葬式と、母の遺体の側で寄り添うように座り続けた……、『父を想う』他。

この作品を共有

「おっちゃんのめっちゃ泣ける話(太陽堂出版)」作品一覧

(9冊)

各275(税込)

まとめてカート

ある日、突然、妻から「別居」を宣告される。わけがわからないまま、妻を見送った私。妻のいない毎日、妻との出会い、妻との恋、暮らした日々を回想するが別居の理由がわからない。そんな時、音信不通だった妻が二年ぶりに帰ってきた……。

二十年ぶりに同窓会に参加した私。懐かしい面々との出会い、昔の思い出がよみがえる。そんな中に一人、二十年間、私との出会いを待ってくれていた同窓生がいた。その人は、体育大会の日、怪我をし、私が背負って救護班まで走った女性だった……。

のろまでドジな康夫が真美という女に恋をした。今まで散々騙されてきたはずなのに、どうみたってうまくいくはずのない恋なのに、康夫は真剣だ。そんな康夫がある日、左官の仕事を休んだ……。