電子書籍 おっちゃんのめっちゃ泣ける話(太陽堂出版) 文芸・小説

著: 高瀬甚太 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

おっちゃんのめっちゃ泣ける話(一) あらすじ・内容

最愛の姉ちゃんが危篤に陥った。病院に駆けつけた私は意識不明の姉に思い出の数々を語りかける。すると姉が……、『姉ちゃんの死』。家を出て行方不明になった父と残された母の思い。そして母の死。母の死を知った父は、通夜、葬式と、母の遺体の側で寄り添うように座り続けた……、『父を想う』他。

この作品を共有

「おっちゃんのめっちゃ泣ける話(太陽堂出版)」作品一覧

(9冊)

各275(税込)

まとめてカート

営業先で出会った女性の美しさに呆然とする私、妻子持ちの私は彼女に夢中になる。偶然の機会を得て一緒に酒を飲み、ますます彼女の虜になる私。だが彼女には人には言えない秘密があった。「性を恐れる女」。

経営に行き詰って白浜の三段壁にやってきた私、死を覚悟した私の脳裏を走馬灯のように過去の人生がよぎっていく。意を決して飛び込みを図ろうとしたその時、携帯の留守電に心が揺れる・・・。「自殺志願」。

妻に先立たれ、年老いた父母と暮らす私、その父母の体調が急変し、介護が必要になった。友人の紹介で戻った介護人斉藤和江は気性が穏やかでやさしいひとだった。斉藤和江のおかげで平和で幸せな日を過していたある日、その斉藤和江に求婚しようという男性が現れた。私は……。