電子書籍 おばちゃんのめっちゃ泣ける話(太陽堂出版) 文芸・小説

著: 高瀬甚太 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

おばちゃんのめっちゃ泣ける話(1) ソウルの恋人 あらすじ・内容

ソウルで出会った十六歳年下の恋人とのロマンスが、四十を過ぎた女の胸をときめかす。悲しいほど純粋で、やさしく熱い男の思いに女の心が激しく揺らぐ。この恋の結末は……。

この作品を共有

「おばちゃんのめっちゃ泣ける話(太陽堂出版)」作品一覧

(14冊)

各275(税込)

まとめてカート

離婚して淋しい毎日を暮らす私の元に記憶にない男性から手紙が届くがその男性は二十代の頃、私と出会って今もずっと好きだという。31年以上たった今、彼に会うことに躊躇する私……。

絵の描く才能に恵まれた少女が、成長とともに絵を描く意味を問い、何が描きたいのか苦悩しはじめる。そんな時に出会ったギター弾きの男。10年の歳月を経て、阪神淡路大震災が起きた……。

同僚に誘われていくようのになったバー「オーロラ」で、季莉子は橋村という男性と知り合った。だが、橋村は普通の男ではなかった。それがわかってからも季莉子の橋村への思いは変わらず募った。やがて橋村は抗争の中で重傷を負い、季莉子がそれを助ける――。