電子書籍 おれは糞を汲む(径書房) 文芸

著: 鷲頭幹夫 

まずは、無料で試し読み

試し読み

25ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

おれは糞を汲む あらすじ・内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

北海道オホーツク海のほとりで、塾講師をするかたわら百姓をする父が、いま家を巣立とうとする三人の娘たちにつづる手紙。

この作品を共有

「おれは糞を汲む(径書房)」最新刊

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

北海道オホーツク海のほとりで、塾講師をするかたわら百姓をする父が、いま家を巣立とうとする三人の娘たちにつづる手紙。

「おれは糞を汲む(径書房)」の作品情報

レーベル
――
出版社
径書房
ジャンル
文芸 エッセイ
ページ数
203ページ (おれは糞を汲む)
配信開始日
2016年7月27日 (おれは糞を汲む)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad