電子書籍 ひそひそ-silent voice- マンガ

完結
著者: 藤谷陽子 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ひそひそ-silent voice-(1) あらすじ・内容

センシティブの名手・藤谷陽子が描く、「もの」と「動物」の声が聴こえる小学生と高校生のイノセントふしぎストーリー第1巻。

ただ漫然と無気力に高校生活を送っていた光路は、ある日、木漏れ日の下で犬や猫に囲まれて眠る男の子・大地を見かける。 光路は、大地が 「もの」 や 「動物」 の声を聴く不思議な力の持ち主だとすぐに気付く。それは、光路が同じ力 ―― 今は失われた ―― をその昔持っていたからだったのだが…。 藤谷陽子が描くイノセントふしぎストーリー第1巻。

この作品を共有
  

「ひそひそ-silent voice-」最新刊

とても寂しいけど
怖くないよ
――待っているから。
「もの」や「動物」の声を聴く力を持つ男の子・大地と高校生・光路。
光路は未来に進むために、自分を形作ってきた過去を見つめ、受け止めることで、
両親へ自分の“能力”を打ち明けることができた。
しかしその直後、“能力”が再び消える。
光路と大地をつないでいた“ふしぎな力”からの卒業――。
光路は、その事実を大地に告げようとするが…。
イノセントふしぎストーリー、ついに感動の最終巻。

「ひそひそ-silent voice-」作品一覧

(6冊)

各638(税込)

まとめてカート

ただ漫然と無気力に高校生活を送っていた光路は、ある日、木漏れ日の下で犬や猫に囲まれて眠る男の子・大地を見かける。 光路は、大地が 「もの」 や 「動物」 の声を聴く不思議な力の持ち主だとすぐに気付く。それは、光路が同じ力 ―― 今は失われた ―― をその昔持っていたからだったのだが…。 藤谷陽子が描くイノセントふしぎストーリー第1巻。

「もの」や「動物」の声を聴くことができる不思議な力を持つ男の子・大地と出会い、同じ力が“再び”戻った高校生・光路。戸惑い、一度は拒絶するも、その力と向き合い、受け入れることを決心する。それはまるで、昔の自分をやり直すように…。しかしそんな矢先、彼らの力を知る謎の男が現れ…!? 藤谷陽子が描くイノセントふしぎストーリー、待望の第2巻。

「もの」と「動物」の声を聴くことができる不思議な力を持つ男の子・大地と出会い、同じ力が“再び”戻った高校生・光路。この「力」が今、この手にあるのはきっと意味がある…。そう考えた光路は、同年代の“普通の”友達を作らせようと、とある男の子を、大地に引きあわせるのだった。しかし、大地が突然の拒絶反応を見せて――!? 藤谷陽子が描くイノセントふしぎストーリー第3巻。

「ひそひそ-silent voice-」のおすすめコメント

ひそひそ-silent voice-(1) 本星歩(BOOK☆WALKER スタッフ) 登録日:2015/06/24

相手の気持ちがわかる力、欲しいですか?

パイプの奥が詰まってるって蛇口が言ってる!…頭の上にハテナマークが浮かんでしまいそうな一言。 でも、家に帰るとドアが「おかえり」って言ってくれたり、毎日寝てるベッドが「大丈夫?」って声をかけてくれたり、そんなことを想像するとちょっと素敵ですよね。 この漫画は触れただけでモノでもヒトでも、相手の気持ちがわかる不思議な力を持った少年たちのお話し。 いいことばかりじゃないってわかってるけど、やっぱり相手の気持ちがわかる力って、羨ましいなーって思います。

「ひそひそ-silent voice-」の作品情報

レーベル
シルフコミックス
出版社
KADOKAWA
ジャンル
マンガ 女性向け 完結 KADOKAWA(女性向け) 青年マンガ 少女マンガ ファンタジー
ページ数
202ページ (ひそひそ-silent voice-(1))
配信開始日
2013年8月22日 (ひそひそ-silent voice-(1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad