電子書籍 なぜ株価は値上がるのか? 実用

著: 矢口新 

まずは、無料で試し読み

試し読み

29ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

なぜ株価は値上がるのか? あらすじ・内容

第1章 株価を動かす要因を知る
1.何が株価を動かすの?
株価急落の日
下落要因を記事から探る
2.株価を動かす要因

第2章 株式市場で注目すべき材料
トレンドラインと投機筋
1.企業業績
サプライズ
2.社会的評判
3.投資家動向
出来高
バブルは崩壊する
4.景気動向
5.金利
金利と株価の関係
6.財政
7.為替レート
8.原油価格
原油高の影響
9.国際情勢
10.国内政局

第3章 株式入門者の素朴な疑問

株式市場の存在意義
分散投資の極意
動かないことにもリスクがある
損は誰にでも出る
高勝率は破滅パターンのひとつ?
バリュー株とグロース株の違い
物言う株主
多様な価値観
相場は小さな判断の連続
信用取引ってなぜあるの?
元本保証で高利回り
アノマリーって何?
株式分割は値上がりの材料?
外国人の持ち株比率は意味があるの?
どうして夜間取引ができるの?
相場の極意

第4章 リスクマネジメント

1.リスクは避けるものではなく、うまく管理すべきもの
リスクの管理
2.姿を消したスーパーディーラー
3.市民権を得た「損切りの徹底」
4.評価損は実現損よりも性質が悪い
5.損はでるもの。そして、損は切るもの
6.勝負は潮の流れに乗れているときに行うもの

第5章 テクニカル分析の利用

チャートの有用性
1.「素」のチャート:ローソク足とバーチャート
2.トレンドライン
3.移動平均線
4.オシレーター系のテクニカル指標
5.一目均衡表
6.パラボリック
7.ボリンジャーバンド
8.新値足、かぎ足、ポイントアンドフィギア
9.「素」のチャートとテクニカル指標の使い分け

第6章 値上がる株の見つけ方

1.銘柄検索
他人任せの銘柄選択
自分で行う銘柄選択
出来高に注目する
投資か、投機か
2.チャート分析
スペック(仕手、材料株)の兆候を示すチャートの形状
パニックの兆候を示すチャートの形状
天底確認を暗示するチャートの形状
3.勝負は利食いでつく

あとがき――踏み出すところからすべては始まる

著者/矢口新(やぐちあらた)
豪州メルボルン大学卒。日米欧の大手金融機関の為替・債券のディーラー、機関投資家セールスとして東京、ロンドン、ニューヨークの三大市場に勤める。現在、株式会社ディーラーズ・ウェブの社長兼ファンド・マネジャーとして、資本金を株式市場などで運用。主な著書に『生き残りのディーリング』(東洋経済新報社)『生き残りのディーリング決定版』『矢口新の相場力アップドリル為替編』『矢口新のトレードセンス養成ドリルLesson1』などがある。

この作品を共有

「なぜ株価は値上がるのか?」最新刊

第1章 株価を動かす要因を知る
1.何が株価を動かすの?
株価急落の日
下落要因を記事から探る
2.株価を動かす要因

第2章 株式市場で注目すべき材料
トレンドラインと投機筋
1.企業業績
サプライズ
2.社会的評判
3.投資家動向
出来高
バブルは崩壊する
4.景気動向
5.金利
金利と株価の関係
6.財政
7.為替レート
8.原油価格
原油高の影響
9.国際情勢
10.国内政局

第3章 株式入門者の素朴な疑問

株式市場の存在意義
分散投資の極意
動かないことにもリスクがある
損は誰にでも出る
高勝率は破滅パターンのひとつ?
バリュー株とグロース株の違い
物言う株主
多様な価値観
相場は小さな判断の連続
信用取引ってなぜあるの?
元本保証で高利回り
アノマリーって何?
株式分割は値上がりの材料?
外国人の持ち株比率は意味があるの?
どうして夜間取引ができるの?
相場の極意

第4章 リスクマネジメント

1.リスクは避けるものではなく、うまく管理すべきもの
リスクの管理
2.姿を消したスーパーディーラー
3.市民権を得た「損切りの徹底」
4.評価損は実現損よりも性質が悪い
5.損はでるもの。そして、損は切るもの
6.勝負は潮の流れに乗れているときに行うもの

第5章 テクニカル分析の利用

チャートの有用性
1.「素」のチャート:ローソク足とバーチャート
2.トレンドライン
3.移動平均線
4.オシレーター系のテクニカル指標
5.一目均衡表
6.パラボリック
7.ボリンジャーバンド
8.新値足、かぎ足、ポイントアンドフィギア
9.「素」のチャートとテクニカル指標の使い分け

第6章 値上がる株の見つけ方

1.銘柄検索
他人任せの銘柄選択
自分で行う銘柄選択
出来高に注目する
投資か、投機か
2.チャート分析
スペック(仕手、材料株)の兆候を示すチャートの形状
パニックの兆候を示すチャートの形状
天底確認を暗示するチャートの形状
3.勝負は利食いでつく

あとがき――踏み出すところからすべては始まる

著者/矢口新(やぐちあらた)
豪州メルボルン大学卒。日米欧の大手金融機関の為替・債券のディーラー、機関投資家セールスとして東京、ロンドン、ニューヨークの三大市場に勤める。現在、株式会社ディーラーズ・ウェブの社長兼ファンド・マネジャーとして、資本金を株式市場などで運用。主な著書に『生き残りのディーリング』(東洋経済新報社)『生き残りのディーリング決定版』『矢口新の相場力アップドリル為替編』『矢口新のトレードセンス養成ドリルLesson1』などがある。

「なぜ株価は値上がるのか?」の作品情報

レーベル
――
出版社
パンローリング
ジャンル
実用 投資・マネー
ページ数
294ページ (なぜ株価は値上がるのか?)
配信開始日
2016年7月27日 (なぜ株価は値上がるのか?)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad