電子書籍 オニールの成長株発掘法 【第4版】 実用

まずは、無料で試し読み

試し読み

167ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

オニールの成長株発掘法 【第4版】 あらすじ・内容

ベストセラー『マーケットの魔術師』(パンローリング)で紹介されたアメリカ屈指の投資家であるウィリアム・J・オニールがやさしく解説した大化け銘柄発掘法!

 株式投資では、ファンダメンタルズ情報を基礎に投資する銘柄を決定する場合、大きく分けて2種類のタイプがある。世界一の投資家であり、資産家であるウォーレン・バフェットが実践する「バリュー投資」と、このオニールの「成長株投資」だ。 オニールの投資法とは、比較的小さな会社のうちから、成長の速そうな株を探し出し、短期間うちに利益を上げていく方法である。市況が良い(強気相場)、悪い(弱気相場)に関係なく、オニールが独自に開発したエレガントで芸術的な銘柄選択法である「CAN-SLIM」法を学べば、大化けしそうな成長銘柄を簡単に見分けることができる。

 第4版の本書では大化け銘柄の発掘法とともに、2000年と2008年のような暴落から身を守る方法も明らかにされている。また、1880~2009年に大化けした銘柄の詳しい解説付きのチャートを100枚掲載し、初心者にもひと目で分かるような工夫が施されている。

第1部 勝つシステム――CAN-SLIM
 まえがき
 第1章 銘柄選択の極意
 第2章 プロのチャート読解術を身につけ、銘柄選択と売買タイミングを改善する
 第3章 C(CurrentQuarterlyEarnings=当期四半期EPSと売り上げ)
 第4章 A(AnnualEarningsIncreases=年間の収益増加)――大きく成長している銘柄を探す
 第5章 N(NewerCompanies,NewProducts,NewManagement,NewHighsOffProperlyFormedBases=
新興企業、新製品、新経営陣、正しいベースを抜けて新高値)
 第6章 S(SupplyandDemand=株式の需要と供給)――重要ポイントで株式需要が高いこと
 第7章 L(LeaderorLaggard=主導銘柄か、停滞銘柄か)――あなたの株は?
 第8章 I(InstitutionalSponsorship=機関投資家による保有)
 第9章 M(MarketDirection=株式市場の方向)――見極め方



第2部――最初から賢くあれ
 第10章 絶対に売って損切りをしなければならないとき
 第11章 いつ売って利益を確定するか
 第12章 資金管理――分散投資、長期投資、信用取引、空売り、オプション取引、新規株式公開、
節税目的の投資、ナスダック銘柄、外国銘柄、債券、そのほかの資産について
 第13章 投資家に共通する二一の誤り



第3部――投資のプロになる
 第14章 素晴らしい成功銘柄の事例
 第15章 最高の業界、業種、川下業種を選ぶ
 第16章 マーケットを観察してニュースに素早く反応する
 第17章 投資信託で百万長者になる方法
 第18章 年金と機関投資家のポートフォリオ管理を改善する
 第19章 覚えるべきルールと指針

著者ウィリアム・J・オニール(WilliamJ.O'Neil)
オニールはベストセラー『マーケットの魔術師』(パンローリング)で紹介されたアメリカの投資業界で最も成功した人物。証券投資で得た利益によって30歳でニューヨーク証券取引所の会員権を取得し、投資調査会社ウィリアム・オニール・アンド・カンパニー(本社ロサンゼルス)を設立。同社の現在の顧客には世界の大手機関投資家で資金運用を担当する600人が名を連ねる。氏は、保有資産が2億ドルを超えるニュー・USA・ミューチュアルファンドを創設したほか、『ウォール・ストリート・ジャーナル』紙を全米で急速に追い上げるライバル紙『インベスターズ・ビジネス・デイリー』の創立者でもある。

この作品を共有

「オニールの成長株発掘法 【第4版】」最新刊

ベストセラー『マーケットの魔術師』(パンローリング)で紹介されたアメリカ屈指の投資家であるウィリアム・J・オニールがやさしく解説した大化け銘柄発掘法!

 株式投資では、ファンダメンタルズ情報を基礎に投資する銘柄を決定する場合、大きく分けて2種類のタイプがある。世界一の投資家であり、資産家であるウォーレン・バフェットが実践する「バリュー投資」と、このオニールの「成長株投資」だ。 オニールの投資法とは、比較的小さな会社のうちから、成長の速そうな株を探し出し、短期間うちに利益を上げていく方法である。市況が良い(強気相場)、悪い(弱気相場)に関係なく、オニールが独自に開発したエレガントで芸術的な銘柄選択法である「CAN-SLIM」法を学べば、大化けしそうな成長銘柄を簡単に見分けることができる。

 第4版の本書では大化け銘柄の発掘法とともに、2000年と2008年のような暴落から身を守る方法も明らかにされている。また、1880~2009年に大化けした銘柄の詳しい解説付きのチャートを100枚掲載し、初心者にもひと目で分かるような工夫が施されている。

第1部 勝つシステム――CAN-SLIM
 まえがき
 第1章 銘柄選択の極意
 第2章 プロのチャート読解術を身につけ、銘柄選択と売買タイミングを改善する
 第3章 C(CurrentQuarterlyEarnings=当期四半期EPSと売り上げ)
 第4章 A(AnnualEarningsIncreases=年間の収益増加)――大きく成長している銘柄を探す
 第5章 N(NewerCompanies,NewProducts,NewManagement,NewHighsOffProperlyFormedBases=
新興企業、新製品、新経営陣、正しいベースを抜けて新高値)
 第6章 S(SupplyandDemand=株式の需要と供給)――重要ポイントで株式需要が高いこと
 第7章 L(LeaderorLaggard=主導銘柄か、停滞銘柄か)――あなたの株は?
 第8章 I(InstitutionalSponsorship=機関投資家による保有)
 第9章 M(MarketDirection=株式市場の方向)――見極め方



第2部――最初から賢くあれ
 第10章 絶対に売って損切りをしなければならないとき
 第11章 いつ売って利益を確定するか
 第12章 資金管理――分散投資、長期投資、信用取引、空売り、オプション取引、新規株式公開、
節税目的の投資、ナスダック銘柄、外国銘柄、債券、そのほかの資産について
 第13章 投資家に共通する二一の誤り



第3部――投資のプロになる
 第14章 素晴らしい成功銘柄の事例
 第15章 最高の業界、業種、川下業種を選ぶ
 第16章 マーケットを観察してニュースに素早く反応する
 第17章 投資信託で百万長者になる方法
 第18章 年金と機関投資家のポートフォリオ管理を改善する
 第19章 覚えるべきルールと指針

著者ウィリアム・J・オニール(WilliamJ.O'Neil)
オニールはベストセラー『マーケットの魔術師』(パンローリング)で紹介されたアメリカの投資業界で最も成功した人物。証券投資で得た利益によって30歳でニューヨーク証券取引所の会員権を取得し、投資調査会社ウィリアム・オニール・アンド・カンパニー(本社ロサンゼルス)を設立。同社の現在の顧客には世界の大手機関投資家で資金運用を担当する600人が名を連ねる。氏は、保有資産が2億ドルを超えるニュー・USA・ミューチュアルファンドを創設したほか、『ウォール・ストリート・ジャーナル』紙を全米で急速に追い上げるライバル紙『インベスターズ・ビジネス・デイリー』の創立者でもある。

「オニールの成長株発掘法 【第4版】」の作品情報

レーベル
――
出版社
パンローリング
ジャンル
実用 投資・マネー
ページ数
646ページ (オニールの成長株発掘法 【第4版】)
配信開始日
2016年7月27日 (オニールの成長株発掘法 【第4版】)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad