電子書籍 恋・愛・百物語(太陽堂出版) 文芸・小説

著: 高瀬甚太 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

恋・愛・百物語 四人目の話 ヘッセの恋ことば あらすじ・内容

校内で出会った高橋雄太を好きになった高校一年生の東条エリカは、彼に憧れてバスケットボール部に入部する。しかし、クラブのエースである彼とは遭遇することが難しく、話すら出来ない――。

この作品を共有

「恋・愛・百物語(太陽堂出版)」最新刊

作業中に事故を起こして入院した病院で看護師と出会い、恋をした。ごく普通の女だったけれど、俺には特別な女に思えた。だが、退院前に告白をすると、翌日からその看護師は俺の前に姿を見せなくなった――。

「恋・愛・百物語(太陽堂出版)」作品一覧

(18冊)

各275(税込)

まとめてカート

愛とは何か?永遠の命題に挑戦する「恋・愛・百物語」。百人の話が始まった。第一話目、三上彩香は合コンで片瀬明彦という男性と知り合い、いきなりプロポーズされる。唐突な片瀬の告白に三上は――。

極道で武闘派の八幡信吉は、19歳の年、初めて行った飛田新地で、相手をしてくれた恵子に恋をした。11歳上の売春婦恵子と暮らすようになった信吉は、子供の誕生をきっかけに、極道の世界から足を洗うが――。

中学時代に父親同士が取り決めた結婚話。だが、父の死と共に、その話は雲散霧消してしまった。大阪市内で働くようになった鈴木光江は、ある日、大阪駅構内で見知らぬ男から名前を呼ばれる。その男は――。

「恋・愛・百物語(太陽堂出版)」の作品情報

レーベル
――
出版社
太陽堂出版
ジャンル
文芸・小説 日本文学
ページ数
21ページ (恋・愛・百物語 四人目の話 ヘッセの恋ことば)
配信開始日
2016年7月22日 (恋・愛・百物語 四人目の話 ヘッセの恋ことば)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad