電子書籍 息子に贈る短編集(太陽堂出版) 文芸・小説

著: 高瀬甚太 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

息子に贈る短編集1 料理包丁 あらすじ・内容

自分とは違う道を歩んだ息子。その息子にどうしても伝えたい親父の思いがあった。正月休暇を利用して帰ってきた息子とその家族。だが激しい腰痛に見舞われた父は息子たちを歓待できない。そんな父に息子が……。

この作品を共有

「息子に贈る短編集(太陽堂出版)」最新刊

不良でどうしようもなかった俺が鈴江と出会ったことで変わった。少年院を出て鈴江と暮らすようになった。結婚することを決めたその日、鈴江は自分の過去を俺に話した――。

「息子に贈る短編集(太陽堂出版)」作品一覧

(10冊)

各275(税込)

まとめてカート

自分とは違う道を歩んだ息子。その息子にどうしても伝えたい親父の思いがあった。正月休暇を利用して帰ってきた息子とその家族。だが激しい腰痛に見舞われた父は息子たちを歓待できない。そんな父に息子が……。

父と叔父が絶縁して31年以上になる。しかし、その確執の原因が息子にはわからない。やがて、叔父の家から連絡が来て、叔父の生命が長くないことを知った父は……。兄と弟の心の交流を描く短編。あなたの胸を打つ珠玉の一遍です。

父が離婚間近の息子に贈る切ない心情。愛するとは何か?人を愛するとはどういうことか、父は息子に切々と語る。息子もまた父親と心情を語り、息子の妻も偽らざる心情を語る。手紙型形式で綴る珠玉の短編集。

「息子に贈る短編集(太陽堂出版)」の作品情報

レーベル
――
出版社
太陽堂出版
ジャンル
文芸・小説
ページ数
13ページ (息子に贈る短編集1 料理包丁)
配信開始日
2016年7月27日 (息子に贈る短編集1 料理包丁)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad