電子書籍 暗流 ~誰が母を殺したのか~ 文芸・小説

著: 高瀬甚太 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

暗流 ~誰が母を殺したのか~ 第一回 あらすじ・内容

南紀の漁村で若妻が刺殺された。一緒にいるはずの三歳になる息子がいない。息子も殺されたのか――。容疑者が存在しないこの事件を長部刑事が追う。しかし、事件は謎を深めるばかりだった――。

この作品を共有

「暗流 ~誰が母を殺したのか~」最新刊

田村のメモに書かれていた事件の真実。意外に犯人に驚きを隠せない雅彦は、再び父母への思いを新たにする。物語は終焉を迎える――。

「暗流 ~誰が母を殺したのか~」作品一覧

(9冊)

各275(税込)

まとめてカート

南紀の漁村で若妻が刺殺された。一緒にいるはずの三歳になる息子がいない。息子も殺されたのか――。容疑者が存在しないこの事件を長部刑事が追う。しかし、事件は謎を深めるばかりだった――。

娘の幸恵から結婚の意見を告げられた茂は、思い悩んだ。結婚する相手が少年院上がりの男だったからだ――。

光夫の母であり、水上龍雄の妻、安代の病状が深刻になった。別居中の龍雄は安代を見舞い、安代の余命がいくばくもないことを知る――。

「暗流 ~誰が母を殺したのか~」の作品情報

レーベル
――
出版社
太陽堂出版
ジャンル
文芸・小説 ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
19ページ (暗流 ~誰が母を殺したのか~ 第一回)
配信開始日
2016年7月27日 (暗流 ~誰が母を殺したのか~ 第一回)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad