電子書籍 衰退する街 未来の消滅都市論 実用

著: 飯塚敞士 

まずは、無料で試し読み

試し読み

19ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

衰退する街 未来の消滅都市論 あらすじ・内容

人口減少時代を迎え、「消滅都市」が時代のキーワードになった。衰退する街もあれば、成長すらする街もある。街を歩き、変化の波を写真と共に読み解く、新しいマーケティング・ジャーナルの書。

プロフィール
飯塚敞士(いいづかたかし)
1946年生まれ。横浜市大文理学部卒業後、外資系広告代理店等において商品開発を始め、マーケティング実務を行う。1990年代以降は、主に駅ビルを始めとしたSCのコンセプトづくりや百貨店食品売り場のリニューアルなどのプロジェクトに参加。あるいは鳥取県における産業活性やアンテナショップづくりなどの各種委員及び講演などを行う。2015年現在フリーのマーケティングコンサルタントとして活動。
著書としては「人力経営」(星雲社、パレード)を2007年に出版。共著としては「人づくり経営の教え」を2009年に出版。

この作品を共有

「衰退する街 未来の消滅都市論」最新刊

人口減少時代を迎え、「消滅都市」が時代のキーワードになった。衰退する街もあれば、成長すらする街もある。街を歩き、変化の波を写真と共に読み解く、新しいマーケティング・ジャーナルの書。

プロフィール
飯塚敞士(いいづかたかし)
1946年生まれ。横浜市大文理学部卒業後、外資系広告代理店等において商品開発を始め、マーケティング実務を行う。1990年代以降は、主に駅ビルを始めとしたSCのコンセプトづくりや百貨店食品売り場のリニューアルなどのプロジェクトに参加。あるいは鳥取県における産業活性やアンテナショップづくりなどの各種委員及び講演などを行う。2015年現在フリーのマーケティングコンサルタントとして活動。
著書としては「人力経営」(星雲社、パレード)を2007年に出版。共著としては「人づくり経営の教え」を2009年に出版。

「衰退する街 未来の消滅都市論」の作品情報

レーベル
PARADE BOOKS
出版社
パレード
ジャンル
実用 ビジネス 経済 社会
ページ数
178ページ (衰退する街 未来の消滅都市論)
配信開始日
2016年7月27日 (衰退する街 未来の消滅都市論)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad