電子書籍 九鬼周造 理知と情熱のはざまに立つ〈ことば〉の哲学 実用

著: 藤田正勝 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

九鬼周造 理知と情熱のはざまに立つ〈ことば〉の哲学 あらすじ・内容

独自の思索を展開した哲学者・九鬼周造(1888-1941年)。その波乱に満ちた生涯をたどりながら、「〈ことば〉の哲学」をキーワードにして、全主要著作を読み解く。『「いき」の構造』(1930年)、『偶然性の問題』(1935年)、『文芸論』(1941年)といった多彩な著作を貫くものとは? 日本哲学研究の第一人者である著者が、若き日から耽溺してきた不世出の哲学者に抱く深い想いを今ついに解き放つ。

この作品を共有

「九鬼周造 理知と情熱のはざまに立つ〈ことば〉の哲学」最新巻

独自の思索を展開した哲学者・九鬼周造(1888-1941年)。その波乱に満ちた生涯をたどりながら、「〈ことば〉の哲学」をキーワードにして、全主要著作を読み解く。『「いき」の構造』(1930年)、『偶然性の問題』(1935年)、『文芸論』(1941年)といった多彩な著作を貫くものとは? 日本哲学研究の第一人者である著者が、若き日から耽溺してきた不世出の哲学者に抱く深い想いを今ついに解き放つ。

「九鬼周造 理知と情熱のはざまに立つ〈ことば〉の哲学」の作品情報

レーベル
講談社選書メチエ
出版社
講談社
ジャンル
実用 哲学 思想
ページ数
255ページ (九鬼周造 理知と情熱のはざまに立つ〈ことば〉の哲学)
配信開始日
2016年7月22日 (九鬼周造 理知と情熱のはざまに立つ〈ことば〉の哲学)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad